心のゆとりは余暇から生まれる。

『人生という試合で最も重要なのは、休憩時間の得点である。』

これは「余の辞書に不可能の文字はない」の名言でも有名なフランス皇帝、ナポレオン・ボナパルトの言葉。19世紀初頭、ヨーロッパ中を駆け回った英雄は戦場よりもむしろ、家で過ごす「余暇」(=オフ)の時間の重要性を私たちに説いています。

たしかに忙しい毎日を送るうちに、家が寝るだけの場所になっている方も多いはず。遊びたいけど時間がない。趣味を始めたいけどお金がない。家だと仕事に集中できない。気がついたら「ない」ばかりの生活に少し疲れてしまっているなんてことも。

この「ない」を「ある」に変えてくれる画期的な住まいが東京の玄関口、千葉県市川にあります。JR中央線・総武線 下総中山駅、東京メトロ東西線 原木中山駅、両駅から徒歩7分。全50戸4階建ての「Tokyo Share市川」は充実した設備と広々とした共有スペースを兼ね備えた大型のシェアハウスです。

その魅力はなんと言っても住む人の遊び心をくすぐるこだわり抜かれた設備の数々。ミュージックルーム、フィットネススタジオ、ビリヤード台、読書スペース、バーカウンター、ピアノだって置いてあります。娯楽だけでなく、ゆっくり自分だけの時間を過ごせる場所も多数。まさに、大人の遊び心と癒しをぎゅっと詰め込んだ宝箱のような空間で自分好みの「余暇」を見つけてはいかがでしょうか。

それでは早速、ハウスの中を覗いていきましょう!

「TOKYO SHARE 市川」の物件詳細はこちら

 

blog_icon_living_b02

living

落ち着いた雰囲気のラウンジで大人のひと時を。

奥行きのある広々としたラウンジは開放感も抜群。ダイニングテーブルは6人用、4人用、さらにはバーカウンターもあるので食事の際はお好きなお席で。1階の大部分を占めるこちらの共有部にはテレビ付きのソファー、お一人様用デスク、休憩スペースも完備されています。自分の時間に没頭するもよし、シェアメイトと談笑してくつろぐもよし。50戸の住人みんなでパーティーをするのも楽しそう。

奥に見えるのはダイニングキッチン。これなら料理の持ち運びも便利ですね。朝は「おはよう」のコーヒー、夜は「お疲れ様」の一杯をぜひ。

窓際の席は勉強や仕事に集中したい方にもオススメ。木目調で統一された内装はひとりひとりのライフスタイルに寄り添った空間を演出しています。ラウンジの扉を開けるとそこにはシェアメイトの自己紹介ボードが。新しい出会いはここから始まるかもしれません。

個人のスペースがしっかり確保された窓際席。作業も捗りそうです。 本棚はインテリアとしても映えますね。好きな本が会話のきっかけになるかも。
大画面のテレビと大人数が座れるソファー。ゲームもあるので盛り上がりそう。 窓も大きく日当たり良好。休日は美味しいお茶でも飲みながら。

 

 blog_icon_kitchen_b03

kitchen4

充実した設備の業務用キッチン。大人数での調理にも対応。

ラウンジの横にはこれまた広いキッチンがあります。最初にまず驚くのは、あちこちに置いてある調理器具たち。その種類の多さはレストランの厨房さながら、一人暮らしではとてもここまで揃えられません。

一度に複数人での料理も出来ますし、これだけ広さがあればホームパーティーがあっても十分使えそうですね。大きい冷蔵庫は沢山の食材を保管しておくことも可能。お料理が好きな方はレパートリーを増やすのに申し分ない設備のはずです。

kitchen5 kitchen2
コンロの下には様々な大きさの鍋やフライパン。なんでも作れそう! このキッチンなら料理を通じてシェアメイトとも仲を深められそうですね。
kitchen3 kitchen
パーティーグッズも豊富。休日が待ち遠しくなります。 カウンターキッチンからの一枚。広さが写真からも伝わってきます。

  

blog_icon_room_b04

room3
明るい、そして温かい。自分のお部屋でホッと一息。

Tokyo Share市川は、1階はリビング、シャワールームなど共有部エリア、2〜4階がそれぞれ個室フロアになっています。4階は女性専用になっているほか、全室デジタルオートロックのためセキュリティ面も安心。お部屋も一人で使うには十分な広さがあり、快適に過ごすことが出来そうです。

みんなで共同生活をしているからこそ、プライベートな時間も充実させたい。

大きな窓から差し込む日差しが部屋を明るく包み込みます。のんびり、マイペースにシェア生活を楽しめる。壁紙も部屋によって違うそうなのでぜひ自分のお気に入りのお部屋を探してみてください。

214
ベッド、デスク、クーラー、冷蔵庫、さらに無線LANも付いています。 壁紙がオシャレですよね。
1階の浴槽付きバスルーム。仕事終わりは身も心も癒されて。 1階の洗面所。奥には洗濯機、シャワールームも複数完備されています。

 

blog_icon_facility_b10

想像が膨らむ、こだわりの設備が日常を彩ります。

玄関から建物に入ると、ふと目に止まるのはお洒落なビリヤード台と電子ピアノ。よく見ると奥には卓球台が、、、!!さっそくワクワクしてきました。Tokyo Share市川には先ほど紹介したラウンジの他、ミュージックルームやフィットネススタジオといった趣味を存分に楽しめる設備が揃っています。

ミュージックルームは防音がされているので、思い切り歌ったり、仲間とセッションしたり、周りに迷惑を掛けず音楽に打ち込むことが出来ます。お隣にあるフィットネスルームはこちらも本格的な機材や器具がずらり。鏡もあるのでシェアメイトとヨガをするなど様々な使い方が思い浮かびますね。

一人暮らしではなかなか出来ない、新鮮な体験を。自分の趣味を深めたり、新しいことにチャレンジしたい。そんな方にはピッタリの設備ですね。

 

 演奏したり、音楽鑑賞したり。使い方は様々。楽器もたくさん♬ フィットネススタジオの様子。複数人でも使える広さです。
fitness3
 ジムいらずな揃いっぷり。それぞれの目的に合わせた使い方を。 電子ピアノで気分もリフレッシュして。特に外国の方に人気だそう。

 

自分好みのライフスタイルを見つける住まい。

 いかがでしたか?

こちらの「Tokyo Share市川」を管理する株式会社マーヴァラスさんは、シェアハウス初心者の方でも安心して暮らせるような住まい作りを目指して日々運営をされています。その言葉通り、広々とした空間にはコミュニティとプライベート、両方を大切にした気配りが散りばめられているように感じました。

ミュージックルーム、バーカウンター、フィットネスルーム・・・家に帰るのが楽しみになる娯楽設備と、疲れた心をソッとほぐしてくれるラウンジスペース。一人暮らしでは時間もお金も場所も足らなかったけれど、このシェアハウスはそんな悩みを忘れさせてくれる環境を実現しています。

幸せを掴む秘訣は「余暇」にあり。仕事を頑張るあなただからこそ、味わってほしい贅沢な時間がここにはあります。

次はどんな週末を過ごそうかな。楽器を握り、自分の大好きな曲をシェアメイトに披露するのもいいでしょう。美味しい料理を作って、みんなで語り合うのも楽しいかも。一日中読書をするのもいいし、風に当たりながらお昼寝でもしようかしら。

想像力は新たな好奇心を次々に生み出してくれます。それが時に何かにチャレンジする原動力になったり。大人数だからこそ、今までにない出会いがあなたを待っているかも。もちろん、どんなライフスタイルを送るかは住む人の自由ですが、Tokyo Share市川で自分の新たな一面を探してみませんか?

 

/Author:Kazuki, Photo: Sugi

 

TOKYO SHARE 市川
物件詳細TOKYO SHARE 市川
エリア 千葉県市川市二俣1丁目1−22
賃料 ¥46,000 ~ ¥46,000
アクセス
JR総武線 下総中山駅 8分
東西線 原木中山駅 10分
入居者募集 男性, 女性
お問い合わせ

関連記事
シンプルだからこその楽しみ、カスタマイズ系シェアハウス 日本人は空気を読んで行動する国民性を持つが故に、昔から一つの家でたくさんの人と暮らすことに慣れていました。けれども、欧米の...
 新築×ヴィンテージは家を好きになる 日常生活をどれだけストレスフリーにすることができるのか。当たり前ですが、生活の基盤になる上で、住居選択は様々な暮らしの側面を考えるのが重要だ...
無限の可能性秘める、多機能シェアハウスで暮らそう 北に荒川、南に隅田川を臨む。今回の舞台は足立区西部に位置する小台。足立区といえば、東京23区の最北端に位置していて、豊かな自然と下...