シェアする暮らし、私の生活。

「今日は何を作ってるの?」「唐揚げ!」「私も食べたい!」「俺もちょうだいー!」

賑やかなハウスメイトの声がキッチンから、リビングから、ダイニングから、そこかしこから聞こえてくる。そんなところがみんなで暮らす醍醐味だと思うのです。

という訳で、株式会社 MAVALASさんが、リビング・ダイニング・キッチンを一つの大型の空間にまとめフルリノベーションしたシェアハウス『TOKYO SHARE 志村三丁目』のご紹介。26畳と大型のリビングでハウスメイトと生活の「シェア」、全24戸の個室では「個」として独立した生活を過ごすことができる「シェア」と「個」のバランスが適度に取れた暮らしがありそうです。

場所は都営三田線 志村三丁目駅から歩いて3分のところ。都営三田線と言えば、神保町・大手町・日比谷へ通勤の方が多く利用している路線。比較的始発駅近くの駅沿線上に通勤、通学している人には便利な場所ではないかと。

『TOKYO SHARE 志村三丁目』から駅までの道のりには、スーパーやニトリ、メガドンキホーテにビックカメラなど、生活に困らないだけのお店が集合。また、シェアハウスの近くにはユニクロ、無印良品、ABCマートなどが入ったモールもあります。日常生活で必要なものは、ほぼすべて身近なお店で調達が済みそうです。

このハウスは、内装をフルリノベーションしたばかり。どこを見てもピカピカ。女性が気になる水回りはもちろん、様々な設備も新築同然。中でも特に注目したいのは、やっぱり大型のリビング。広々した空間に様々なチェアが配置されていて、その時々のケースに合わせた快適さを味わう。誰かと話したいときは大きなテーブルを囲うチェアへ、ゆっくりとテレビを楽しみたいときはソファへ。自分の都合に合わせて最適な居場所を選べる空間の魅力に迫ってみたいと思います。

それでは早速ハウスの中を見ていきましょう。

「TOKYO SHARE 志村三丁目」の物件詳細はこちら

     

blog_icon_living_b02

1F_livingroom_09

暮らしの中心にここに。

まずは『TOKYO SHARE 志村三丁目』の一番の魅力といっても過言ではない。メインラウンジ。

ダイニング・リビング、そしてキッチンを一つの空間まとめた広々設計。誰もが快適に過ごせるよう、様々な席が準備されています。食事の時間、テレビの時間、そしてハウスメイトとの語らいの時間。一日一日の大切な時間を快適に過ごしてほしい、そんな思いが感じられる空間。

リビングには、50インチと大型のテレビがソファ前に設置されています。スポーツ観戦や映画鑑賞など、大迫力で楽しむことができそう。

 
1F_livingroom_12 1F_livingroom_15
キッチンからリビングを覗くとこんな感じです。 アメリカンなインテリア。
1F_livingroom_06 1F_livingroom_14
のびのびした広さを感じる空間使い。 家具一つ一つにもこだわりを感じます。

 

blog_icon_room_b04

2F_201_01

ひとりひとりの個性に合った空間

どの部屋も壁紙がそれぞれ違っています。かわいい系、ファッショナブル、和テイスト、それぞれが魅力的で違った雰囲気を感じますね。毎日過ごす空間ですから、自分が居心地よく感じるインテリアに仕上げたいもの。ここに載っているお部屋以外にも様々なカラーのお部屋がありますので、自分の個性に合ったお部屋に仕上げていただきたいです。

全室デスク、チェア、エアコン、冷蔵庫、ベッドが設置されています。持っていく荷物は最小限で済みそうです。身軽な方は、トランク一つで引っ越しが済んじゃいそうですね。

1F_102_01 2F_203_01
ピンクの壁がとても印象的でかわいらしい。(102号室)

こちらは和室のような雰囲気ですね。(203号室)

2F_204_01 2F_208_01
このお部屋は大人っぽいインテリア。(204号室) タイル調の壁がファッショナブル。(208号室)

 

blog_icon_facility_b10

1F_kitchen_01

会話の生まれるキッチン

ダイニングと続きの空間にあるキッチン。みんなの顔が見える位置にあるので、自然とハウスメイトとの会話が弾みそうですね。「作り過ぎちゃった!誰か食べたい人いない?」「「はーい!」」なんて賑やかな会話が聞こえてきそう。

リノベーションしたばかりなので、水回りが本当に綺麗!シャワーにお風呂も新築同様。綺麗好きの女性には嬉しいポイントですよね。ピカピカのお風呂で一日の疲れもゆっくり癒せそうです。

1F_livingroom_05 2F_corridor_02
リビング側からみたキッチンの様子です。  空間をうまく利用していますね。
2F_bathroom_01 2F_washingroom_01
 シャワーもお風呂もぴかぴか!  洗濯機も乾燥機も無料でご利用いただけます。

 

1F_livingroom_07

 同じ価値観を共有できる人に、自分の「好き」も重ねてみる。

『TOKYO SHARE 志村三丁目』を運営されているのは、株式会社 MAVALASさん。

MAVALASさんが運営するシェアハウスには施設や空間に、それぞれコンセプトがあるのも特徴的。ペットと暮らすことが可能だったり、ジム設備が備わっていたり。それぞれのハウスに特徴のあるコンセプトを持たせることで、自然と似通った価値観のハウスメイトが集うのかも。一緒に暮らす人達が仲良く過ごすことができれば、騒音などのトラブルも自然と減るのかもしれないですよね。

古いものに情緒を感じる方はアンティーク系のハウスに、また都会らしいファッショナブルな生活を望まれる方は都心のハウスなどなど。それぞれの価値観でコンセプトに合った住居が選べ、住人同士が自然と居心地のいい生活。もちろん、何が大切なのかは一人一人違うわけで、どんなことを大切にしたいのか、私の生活の中で、優先度が高いことってなんだろう。そんな思いを巡らせながら、色んなシェアハウスを見て回るのも、求める生活に近いものと出会う可能性が高まるのかもしれません。

大型のリビングでハウスメイトと生活の「シェア」を、またプライベートの守られた個室で「個」として独立した生活。一人暮らしでは味わえないライフスタイルに、新しくチャレンジしてみるものもいいのではないのでしょうか。

「賑やかに暮らしたい。でもプライベートも大切に。」

みんなで暮らす。シェアする暮らしに自分の生活を理想を組み合わせることで、もとめていた暮らしに出会う可能性って、グッと高まると思うのです。

/Author:Eri, Photo: Sugi

 

TOKYO SHARE 志村三丁目
物件詳細TOKYO SHARE 志村三丁目
エリア 東京都板橋区志村3-31-23
賃料 ¥42,000 ~ ¥50,000
アクセス
都営三田線 志村三丁目 徒歩5分
入居者募集 男性, 女性
お問い合わせ

関連記事
下町風情を感じる花の街に相交わる現代的な居住空間 今回の舞台は、江戸時代の下町文化発祥の地「浅草」。 数多くの由緒ある店舗が軒を連ね、多くの落語家や役者、漫才師といった文化人を世...
小倉の繁華街までわずか徒歩10分、街も家に変わるシェアハウス 九州の玄関口、北九州。数キロ先には本州が眺め、以前は八幡製鉄所で栄えた工業都市。今では街の様相も少しずつ変化しはじめ、グリーン成長モデ...
計算し尽くされた居住空間 日本のことわざで「類は友を呼ぶ」と言いますが、いわゆる上流階級層の方々には、同じような職業や地位の方々が引き寄せられるように集まってるように思えます。...