シェアハウスにはさまざまな人たちが住んでいます。年齢も性別も所属する業界もバラバラ。ハウスによっては外国の方たちもいます。過去の経歴も異なり、当然、培われた価値観や文化観もまったく違います。そのような人たちが偶然一つ屋根の下に集まり、人生の一時期を共に過ごすのがシェアハウスであり、普段の生活では出会えなかった人たちとの交流は、今までにない新鮮な驚きと発見をもたらせてくれるハズです。

コモンスペースやキッチン、シャワールームなど、何気ない日常の中で顔を合わせ、無理なく自然と交流が生まれるのがシェアハウスの利点です。小さな触れ合いを日々積み重ね、徐々に信頼を深めていけること、家という素顔に戻れる場所で飾らない付き合いができることなども生活を共有するシェアハウスならではの魅力と言えるのではないでしょうか。

そんな普段の生活に溶け込んだ“違う価値観との出会い”を、否定せずに受け入れるオープンマインドでいれば、視野を広げるチャンスが家の中のあちこちにあります。また、今までの経験やこれからの夢などをじっくりと語り合う刺激的な時間は、新しい発見に満ち、思いもよらないアイデアが生まれるきっかけになるかもしれません。そんな有意義な時間によって結ばれた絆は、今後の人生において有益な人脈となる可能性もあるでしょう。

リラックスした日常の中で、自分の世界を広げるチャンスに出会える。
そんなオモシロイ毎日をシェアハウスで過ごしてみませんか?

関連記事
  シェアハウスに住人ってやっぱり変わり者? 『いいえ、普通の単身社会人が大半です。』