いつも「東京シェアハウス」に訪問頂き、ありがとうございます。
このサイトに訪れてくださっている皆様にご報告です。

(この数日、東京シェアハウスを見て頂いた方はお気づきの方もいると思いますが)、各シェアハウスごとの「入居者データ」が閲覧できるようになりました!

新しく実装した入居者データの表示項目は以下の通りです。

[性別] 男性、女性
[年齢] 10代、20代、30代、40代以上
[属性] 社会人、学生、その他
[国籍] 日本、北米・ヨーロッパ、アジア、その他
※1) 項目は全てパーセンテージ(割合)での表示となります。
※2)プライバシーや事業者様の運営方針もありますので、「入居者データ」の表示 / 非表示、表示項目の設定は各シェアハウスの事業者様にて変更可能としております。予めご了承ください。

 ☆

「シェアハウスを探している方にとって、「どんな人が住んでいるのか」という点は、とても関心が高いコトだと思います。

住まいを探しながら、

「男女比率が偏りすぎていないシェアハウスが良い」とか。
「自分の年齢が近い人が多いと嬉しいな」とか。

社会人や日本人の方中心の方が落ち着いて暮らせるから嬉しい人もいると思うし、語学を学びたいから、外国籍の人が多いシェアハウスに興味がある人もいると思うのです。自分にとって、理想なシェアハウスというのは、やっぱり自分にしか分からない訳で。

勿論、どんな人達がいるのか、完璧に分かる訳ではないですが、自分の理想に重なるシェアハウス生活が少しでも近づくのではないのかな、と思い機能を構築しました。

サービスはまだ開始したばかりですが、早速、データを反映して下った運営者さんも沢山いらっしゃいます。
各シェアハウスの入居者の傾向なども分かると思うので、是非参考にしてください。

例)
SHARE DESIGNER S COLLEGE たまプラーザ:東京シェアハウス

「Share Designer's College たまプラーザ」(男女共有 / 61世帯)
https://tokyosharehouse.com/jpn/house/detail/99/

 

 

TOKYO SHARE お茶の水:東京シェアハウス
TOKYO SHARE お茶の水 (男女共有 / 12世帯)
https://tokyosharehouse.com/jpn/house/detail/3357/

 

Flat Share KOIWA Campus:東京シェアハウス 
Flat Share Koiwa Campus (男女共有 / 21世帯)
https://tokyosharehouse.com/jpn/house/detail/662/

エリアや家賃設定とあわせて、どんな人か妄想(?)するだけでも楽しいし、やっぱり価値観が近いかた、波長があう方と住めるのは、素敵なことだと思うのです。

引越しシーズンに向け、住まいを変えて、毎日の環境を変えてみようかな、そう考えてる方も多いと思いますので、是非ご活用ください。検索時に、シェアハウスの「検索条件変更」を選択頂くことで、入居者データに基づいた表示設定をすることも可能ですので、あわせてご活用ください。

 

入居者データで検索_TokyoShareHouse
シェアハウスの「検索条件変更」(PC版、イメージ)

 

「こんな場所に住みたい」、「こんなシェアハウスで暮らしてみたい」そういった皆さんの要望が僕らのサービス改善の原動力でもあるので、ご要望等ありましたら、いつでもご連絡ください。

全てのことに対応できる訳ではありませんが、これからも、これまで通り、可能な限り、シェアハウスの未来が広がるような活動を続けていきたいと思います。

今回のご報告は以上です。

皆様のより良いシェアライフにつながるよう、これからも便利なサイト作りに一生懸命取り組みたいと思いますので、これからも、東京シェアハウスをどうぞ、よろしくお願い致します。

 

東京シェアハウス
東京シェアハウス Market News
シェアする暮らしを通じて、毎日がより楽しく、より豊かになるような、シェアハウスにまつわる新しい情報。世の中のつながりを広げるような「住まい」やライフスタイルに関する情報をお届けてしていきます。

関連記事
このブログを訪れてくださっている皆様にご報告です。2013年10月19日(土) に、日本シェアハウス協会主催(にて、「シェアハウスの未来~空き家活用緊急提言~」と題したフォーラムを開催する事が決定致しました...
一般社団法人日本シェアハウス協会はこれからの高齢社会を見据え、アクティブなシニア向け“多世代共生型” シェアハウスを1月オープンすると発表。 テーマをアクティブシニアの「第三の住まい」とし、若者とシ...
  モノ、コト、ヒトのつながりと自分探しという旅。   早いもので、今年もあと一日。2017年が終わり、明日から2018年を迎えることとなりました。 365日、時間でいえば8760時間も過ご...