kokubunji-banner

文化が続く街、国分寺にて始まる新しい欧風暮らし

時を遡ること1300年、奈良時代に時の聖武天皇が建立を命じたという国分寺。仏教寺院の中では当時最大規模を誇っていたほどに、この地は神聖な土地とされ、それだけの文化遺産も多く存在しています。国分寺自体は鎌倉時代末期に焼失してしまいましたが、その史跡は今でも厳然と佇んでいます。

そんな歴史ある街に溶け込むように、新しい文化を吹き込むのは「シェアレジデンス国分寺」。欧風のインテリアに溢れたハウス内は、国分寺という歴史ある街には一見不釣り合いなようにも思えますが、また新たな文化を融合し、歴史を作り出していくという点では、やはり「文化の街」だからこそ似合う動きなのかもしれません。

ハウス内には、カラフルなインテリアに、大きな暖炉、そしてコーヒーサーバーやアイスクリームメーカーまで。充実した設備はこの58世帯で住む大きなシェアハウスだからこそ揃うもの。なかなか一人暮らしでは揃わないものがたくさんあります。

それでは、早速ハウスの中を覗いてみましょう! 

「シェアレジデンス国分寺」物件詳細はこちら 

   
share_residence_kokubunji_033

元は社員寮だった大型物件をリノベーション。全58室の大型シェアハウス。

一見するとシェアハウスのようには見えない外観。周囲のマンションに馴染んでいるようにも見えますが、その中身は一線を画したハイクオリティなシェアハウスが。 

share_residence_kokubunji_030

元社員寮ということだけあって、エントランスも大きく豪華に。まるでホテルのようです。 

share_residence_kokubunji_031

駐輪場もあるので、休日には周囲の文化を自転車で巡ることもできますね。 

share_residence_kokubunji_035

58室もあると、下駄箱もこんな数に。学校を思い出してしまいます。 

share_residence_kokubunji_034

周囲は閑静な住宅街となっており、散歩するにも絶好の場所です。春や初夏に歩いてみたいものです。 

share_residence_kokubunji_017

ヨーロピアンスタイルの家具、装飾、アート。カフェのようなリビングでゆったり。

リビングに入ると思わずため息がでるほどの異国感漂う空間に。外出先でお洒落なカフェに出会ったような高揚感が胸を覆います。 

share_residence_kokubunji_018

白い壁や柱がカラフルなソファを引き立てます。フローリングの模様も様々な色を組み合わせており、細部へのこだわりが見えます。 

share_residence_kokubunji_023

洋風の食器やグラス、果実までもがその空間を演出しています。まるで海外の家にホームステイに来ているような錯覚に陥ってしまいそう。 

share_residence_kokubunji_006

音楽を流せる設備までしっかり整っています。壁掛けの写真もテイストがマッチしています。 

share_residence_kokubunji_005

今では珍しいレコードの再生環境も整っています。音楽好きにはたまらない設備です。 

share_residence_kokubunji_007

さて、こちらは目玉の一つである、アイスクリームメーカーとコーヒーサーバー。ここまで揃っていると、カフェとしての機能もばっちりですね。 

share_residence_kokubunji_022

テラスを望みながらのカウンター席で、一息。 

share_residence_kokubunji_001

そのテラスも広々とスペースが確保されています。天気の良い日にこんな場所で談笑するなんて、まさに夢のような暮らし方なのかもしれません。 

share_residence_kokubunji_003

デッキには「KOKUBUNJI CAFE」の文字が。もはやここまでくると、本物のカフェなのかもしれないな、なんて思ってしまいそう。 

share_residence_kokubunji_012

広々としたキッチンで料理とコミュニケーションを楽しむ

58人で住むハウスなだけあって、キッチンも広々。一人で作るよりも、皆で作ったほうがなんでも楽しくなってしまうもの。たまにはレシピを共有したり、そんな楽しみがここに待っている気がします。 

share_residence_kokubunji_013

こちらもリビングと同様に洋風な仕上がり。蛇口の形や棚、木目のスペースが独特の雰囲気を醸し出しています。 

share_residence_kokubunji_016

調味料などを入れるスペースも人数分。これで「私の◯◯がない!」なんて事態も防げそう。 

share_residence_kokubunji_024

こちらは女性向けのパウダールーム。こういった設備は、生活を重ねるごとになくてはならない存在になっていきそう。 

share_residence_kokubunji_028

もちろんパウダールーム以外の洗面台もご用意。 

kokubunji

こちらはシャワールームとトイレ。シャワールーム以外に浴室も備えてあります。 

 
share_residence_kokubunji_(201-1)

自分だけの時間は、シンプルな個室で過ごす

共用部分で団欒を楽しむことも好きだけど、やっぱり自分の時間は欲しいものですよね。全室個室でもちろん鍵もついているので、安心のプライベートゾーンが確保されています。 

share_residence_kokubunji_(210-1)

210号室の様子。机もベッドも置いてあり、角部屋なので採光もいいですね。 

share_residence_kokubunji_(214-1)

こちらは214号室。家具はないですが、その分一人暮らしから移り住むにはもってこいの空間かもしれません。 

文化の街に佇む北欧暮らし、いかがでしたでしょうか。こちらのシェアハウスを運営しているのは、お馴染みのシェアデザインさん。一つのコンセプトにとことんこだわって作り上げるハウスはまさに芸術の域に達しているようにも感じます。

フローリング一つをとっても、小さなところからどことなく非日常を演出しつつ、でもそれが暮らしていくうちに生活の一部として馴染みのある存在になっていく。そんな光景が目に浮かびます。

カフェが好きな方、音楽が好きな方、アイスクリームが好きな方などなど、いろんな嗜好が混ざり合いそうな「シェアレジデンス国分寺」。そういった共通点同士で繋がりながらも、お互いから刺激を受け合うこともまた、シェアハウスの醍醐味の一つです。

さあ、「KOKUBUNJI CAFE」ではどのような方々が、どのような会話をして、どんなコーヒーを飲むのでしょうか。そして、同居人として、どのような物語を紡ぎだしていくのでしょうか。

その物語の主人公になるのは、もしかしたら皆さんなのかもしれません。

 

/Author:エモト

 

シェアレジデンス国分寺
物件詳細シェアレジデンス国分寺
エリア 東京都小平市上水本町
賃料 \37,800 ~ \40,800
アクセス
JR中央本線 国分寺駅 自転車10分
西武鉄道多摩湖線 一橋学園駅 徒歩7分
入居者募集 男性, 女性
CONTACT

関連記事
  2つの空間の使い分け。 東京東部、住吉。昔ながらの商店街と自然豊かな緑が今も残るこの街は都内のほとんどの主要な駅に30分ほどでアクセスできる好立地。この土地に新しくオープンした...
人と人とが織りなす魅力ある生活 現代ではどこに行くのも簡単な時代です。人や物の動きが活発となり”外”の世界へ挑戦するハードルが昔と比べ低くなったかと思います。シェアハウスでは国や地方を超え...
 海をテーマにしたライフスタイルから得られるモノ。 都心から程よく離れた三浦半島。都内から京急線に乗車して車窓から眺める景色がだんだんと自然で溢れゆくのを感じます。品川から約1時間...
「遊び心」を軸にして、集まる、繋がる、そして広がる、:シェアレジデンス市川 「コミュニケーションを大事にしたい」、「大人のコミュニケーションを楽しみたい」そんな方に、新しいライ...