title_arden_shinjuku_1A

月2回の英会話アクティビティと国際交流を通して、英語を楽しみながら学ぶ

立地、賃料、デザイン性、コンセプト。シェアハウスに限らず住まいを選ぶ際には、各々が優先したいと思うポイントがあり、そこからふるいにかけて条件を絞っていくものだと思います。でも究極の理想を言ってしまえば、それぞれの項目が高い水準でバランス良く整っていることに越したことはありませんよね。

そんな誰もが描く理想に近いシェアハウスが今回ご紹介する「ARDEN新宿」です。 立地は、徒歩15分圏内の範囲に利用できる駅が計5つあり、最寄りのJR総武線「大久保」駅が徒歩2分、JR山手線「新大久保」駅が徒歩3分。さらには西武新宿線「西武新宿」駅徒歩6分、副都心線「東新宿」駅徒歩13分、「新宿」駅徒歩15分と通勤・通学・遊び、どこへ行くにしても、非常に便利な場所に位置しています。

建物は、2015年に建てられた新築物件。内装デザインは、ミッドセンチュリー期のインダストリアルデザインを彷彿させるヴィンテージ感あふれる家具や、無垢材、エイジング材が採用され、N.Y.ブルックリンのカフェやライブラリーのような空間に仕上がっています。全ハウス一貫して、英会話がコンセプトとなっており、外国人も居住できることから、国際交流を楽しめるのも着目すべきポイントの一つ。緩く英語を楽しみたい方から、本気で英語を勉強したい方たちまで、幅広くサポートが行き届いています。

立地、賃料、デザイン性、コンセプト、どれを取っても高水準でバランス良く整った住まいなのではないでしょうか。

それでは、早速ハウス内を見ていきましょう!!

「ARDEN新宿」物件詳細はこちら  

   
arden_shinjuku_021

閑静な住宅街に佇む全25室・地上3階建ての2015年新築シェアハウス

都心で駅近でありながら、一本通りから入った閑静な住宅街にホワイトカラーが目印の「ARDEN新宿」があります。 

arden_shinjuku_022

玄関は邸宅の雰囲気を醸し出す2ドアタイプ。鍵の施錠はナンバー式となっています。 

arden_shinjuku_029

ハウス内のエントランスも広々としており、シューズボックス内には換気扇が設置され、靴の臭いがこもるのを防ぎます。 

arden_shinjuku_025

ドアの横には、入居者全員分のポストがずらりと並びます。 

arden_shinjuku_026

サインもしっかりと飾られています。 

arden_shinjuku_023

また、周辺にはこのハウスの看板猫になるであろう人懐っこい猫がふらりふらり姿を現します。 

arden_shinjuku_007

N.Y.ブルックリンのカフェ・ライブラリーを彷彿させる洗練された内装デザイン

共有リビングは3階にあり、天井が高く、南側が一面窓となっているため、採光も抜群。ブラインドカーテンを下せば、暖色の照明とウッド調の家具たちがぐっと雰囲気を高めてくれます。 

arden_shinjuku_040 

天井が高いと開放感はあるものの、冬場は寒いのが欠点。しかしながら、冷えてしまいがちな足元も床暖房が完備されているため、足先から体を温めてくれます。

arden_shinjuku_014 

キッチンは仕切りのないオープンキッチンとなっています。こちもまた開放感を出すために一役買っています。  

arden_shinjuku_002

暖色の照明が採用され、用意されたソファでゆったりと寛ぐことができます。 

arden_shinjuku_003

こちらはキッチンのあるダイニングとは異なり、天井も敢えて一段低くし、落ち着きある空間を演出。 

arden_shinjuku_006

ところどころに配置された間接照明も良いアクセントとなっています。 

arden_shinjuku_011

広さも広すぎず、狭すぎない規模感で、ちょうど良い距離感で交流が楽しめそうです。 

arden_shinjuku_009

また、ブラインドカーテンのある窓よりさらに上にも窓が取り付けられ、 

arden_shinjuku_017

新宿のビル群まで視線を遮る建物がなく、夜には綺麗な夜景が広がります。 

arden_shinjuku_012

キッチンもガスコンロ、シンクがそれぞれ2つずつ用意され、料理をするには十分すぎる広さ。 

arden_shinjuku_015

外国人の方がよく利用するというオーブンもかなり本格的なものです。 

arden_shinjuku_019

家電は一通り揃っており、全て自由に利用することが可能です。 

arden_shinjuku_027

機能性とデザイン性、両方を兼ね備えた水回り

ハウス内の各所に設置された水回りもデザイン性はさることながら、機能性にも優れています。廊下に設置された独立洗面台のノズルはシャワーヘッドとなっており、必要に応じて伸ばすことも可能です。 

arden_shinjuku_030

こちらはパウダールーム。女性には特に嬉しい設備とデザインなのではないでしょうか。 

arden_shinjuku_031

朝の身支度も気分が上がりますよね。 

arden_shinjuku_035

3階にはランドリールームがあり、洗濯機は無料、乾燥機は有料で利用することができます。 

arden_shinjuku_036

またランドリールームからバルコニーに出ることもでき、ちょっとしたテラス席が用意されています。 

arden_shinjuku_038 

天気の良い日は外で衣類を乾かすこともできます。 

arden_shinjuku_(104-2)

家具備え付けの使いやすい間取りの個室

個室はベッド、デスク、チェア、収納ボックスなど、全て備え付けで揃っているので、スーツケース一つで新生活をスタートすることができます。 

arden_shinjuku_(104-3)

間取りや広さは全室ほぼ全て同じです。

1_large

仲間と楽しむ時間だけでなく、プライベートな時間もしっかりと確保することができます。  

今回ご紹介した「ARDEN新宿」を管理・運営するのは、株式会社シェアスタイルさん。英会話コンセプトのシェアハウスを展開してきた先駆け的な事業者さんであり、紆余曲折を経て培われた長年の管理ノウハウは、目で見えるデザイン性だけでなく、住み心地という面で、入居者を継続的にサポートしてくれると思います。

実際にトラブルが起こったときは、解決するまで管理スタッフが全面サポートしてくれるそうで、解決後の状態が3カ月続くまで、しっかりとマネージメントするという徹底ぶり。

ハウスのコンセプトである「英会話」もただ座って講義を受けるのではなく、月1回のハウスパーティーや、年に数回のシェアハウス間合同イベント、月2回の英会話アクティビティを通して、楽しく学ぶことができるそうです。また、ホスティングをしてくれる外国人は基本的に他のシェアハウスの入居者の方なので、同じシェアハウスの外国人だけでなく、多くの人と国際交流できるのが人気のポイントとのこと。

一般賃貸ではまずあり得ない条件でも、シェアハウスであればそれが叶えられてしまうのはとても大きな魅力かと思います。

良い住環境は日常生活の良い循環を生み出すための第一歩。ARDEN新宿はそんな良い循環を生み出すための良い住環境が整った住まいであり、日々の暮らしをより豊かなものにしてくれるのではないでしょうか。

/Author:カガワ 

ARDEN新宿
物件詳細ARDEN新宿
エリア 東京都新宿区百人町1
賃料 \0 ~ \0
アクセス
JR総武線 大久保駅 徒歩2分
JR山手線 新大久保駅 徒歩3分
入居者募集 男性, 女性, 年齢制限あり
CONTACT

関連記事
上質な空間は、シェアハウスの概念を覆すかも:Chateau Life Eze (シャトーライフ エズ) これは果たしてシェアハウスなのか?と、初めて見た人は疑わずにはいられないでしょう。誰かにこのシ...
文化が続く街、国分寺にて始まる新しい欧風暮らし 時を遡ること1300年、奈良時代に時の聖武天皇が建立を命じたという国分寺。仏教寺院の中では当時最大規模を誇っていたほどに、この地は神聖...
暮らしの中にある国際交流:TCRE 葛西 色んな人が集まれば、自然と様々なドラマが生まれるもの。 シェアハウスに限らず、人生ってやっぱり出会い。日常では出会わない人達と出会える場所で...