このブログを訪れてくださっている皆様にご報告です。
本日より、東京シェアハウスのサイトにて「イベントSNSサービス」をスタートすることに致しました! http://tokyosharehouse.com/jpn/event

TOKYOSHAREHOUSE.COM のサービスを展開してから、早いもので1年と8か月が過ぎようとしています。

多くの方々に訪問頂けるサイトになっただけでなく、僕ら自身もシェアハウスの運営者さんや住居人の方々が開催するイベントにご招待頂いたり、学生団体とのコラボ企画として、シェアハウスバスツアーを開催するなど、色々な方々と出会う機会も増えました。本当に有難い事です。ありがとうございます。

シェアする暮らしの良さや、コミュニティの独自の雰囲気を「どうすれば、より多くの人に伝えることができるだろう」と考えていたところ、「シェアハウスって、他人と一緒に暮らす事なのに、自分がこれから住む家に、どんな人達が住んでいるか、どんな生活をしているのか、分からないものでしょうか」という要望を受けた事が、今回の「イベントSNSサービス」を構築するきっかけとなりました。

シェアハウスに入居される前に検討されてる物件でイベントが開催されていれば、入居前に住居人と触れ合う機会を持てるかもしれないし、参加した人の声などを反映することでコミュニティの雰囲気を少しでも伝えることができるのではないかと思うのです。

また、シェアハウスのイベントというと、内覧会やホームパーティーを思い浮かべる人も多いと思いますが、共有スペースやコミュニティを活用することで、住居人の方々が先生になったレッスンやセミナーを行うこともできるかもしれないし、みんなで何かを共創するワークショップの場になるのかもしれない、そんな空想に近い理想も思い描きながら、イベントは誰でも投稿でき、そのイベントや物件に対して誰でも参加、コメント可能な形に致しました。
※「イベントSNSサービス」の詳細については、こちらをご覧ください。

勿論、シェアハウスに住んだら、必ずしも刺激的な毎日を送らなければいけない訳でもないし、僕らの仕事は「安心、安全で快適に暮らせるシェアハウスを紹介するポータルサイト」の運営が最優先事項でもあるので、本来の目的は見失わないように活動していきたいと思います。

でも、異なる世代や業界の人と話をしていると、不思議なもので「こんな事って出来ないかな」という好奇心が混ざったアイデアに、「こういう事ならお手伝いできますよ」とか、「それなら自分達はこういう事やります」とか「面白そうなので参加したいです」と、トントン拍子に話が進んで、「気付いたら、企画当日の朝を迎えてる」なんて、心が弾む体験をさせて頂いたこともあるし、そういう場所があるなら、「自分も、何かやってみよう」と思い行動に移せる人がいるかもしれません。

皆さんや社会にとって、普段の生活にプラスの影響を与えるサービスに出来たら良いな、と思っています。

機能やデザインに関しては、メンバーや関係者と「あーでもない、こーでもない」と何度も議論を交わして、やっと形にできたものですが、サイトに訪問頂いている皆さんにとって便利で役に立つサービスではないと意味がないと思うので、シェアハウスの住居人や運営者さん、ユーザーの皆さんの意見を聞きながら、これからも改善を繰り返していきたいな、と考えています。

ですので、「こんな機能があれば」とか、「ここが使いづらい」といったご意見等ありましたら、是非ご連絡下さい。

また、イベントに関しては、シェアハウスに限らず、コワーキングスペースで開催されるモノや「シェア」をコンセプトとしたイベントなど、ちょっと面白いものをご案内していければ良いな、と思っています。イベントSNSサービスの機能を見て、「こんな事ができないかな」と考えられている方がいましたら、ご一報頂けると嬉しいです。

シェアするライフスタイルを通して、一つでも多くの新しい交流が始まることを願いながら、これからも活動を続けて参りますので、今後とも、東京シェアハウスをどうぞ宜しくお願いいたします。

東京シェアハウス合同会社
代表 森山哲郎

関連記事
 いつも「東京シェアハウス」をご覧いただきありがとうございます。 本日(平成24年11月25日)、本サイト 「http://tokyosharehouse.com/」をリニューアル致しました。 サイト展開を開始してから初めてのリニ...
  このブログを訪れてくださっている皆様にご報告です。   本日、「シェアログ」というサービスを展開するプレスリリースを発表いたしました。 『シェアログ』URL: https://sharehouse.in/jpn...
  このブログを訪れてくださっている皆様にご報告です。 本日より、東京シェアハウスを通して、東京での新生活をより充実した形でスタートできるよう「新生活サポート事業」をスタートすることに致しました! ...