なりたい自分になれる習慣が身につくかも。

JR山手線、京浜東北線、東京メトロ千代田線、日暮里舎人ライナー「西日暮里駅」徒歩7分、JR山手線、京浜東北線「田端駅」から徒歩9分の場所に新規オープンした女性専用41人のシェアハウス、「東京シェア+」。今回は同シェアハウスのイベントにご訪問させていただくこととなりました。暮らしを通して各々が自分の趣味や特技をシェアしていくことをコンセプトとされているそうです。

「東京シェア+」では、プライベートもしっかり確保できる部屋を用意しながら、リビングスペースだけでなく、ワーキングスペースや、サロンスペース、さらには庭などの、「シェアができる空間」も充実。

そんな場所を活用して、住まい手は自分たちの趣味の時間を持ち、さらに料理や仕事や美容について住まい手同士、または友人とシェアして自分を高めたり、仕事の息抜きにする。一人暮らしとシェアハウスの良いところどりな印象さえ感じさせます。

今回のイベントは、そのシェアハウスのテーマの通り、イベント参加者の方たちがそれぞれ、着物や、音楽の演奏、お菓子に料理と、自分の特技を持ち寄って披露、にぎやかに交流をされるイベントとなりましたよ。

生活に彩をプラスしたいな、そう感じている女性には色んな出会いがあるシェアハウスになるかもしれませんね。

「東京シェア+」物件詳細はこちら

「東京シェア+」の外観と中の様子です。キッチン兼ラウンジは友人を呼んだり、パーティーを開くにも十分な大きさ。

真ん中の写真は、ワーキングスペース。普段は机が置いてあって、ここで仕事をしたりすることもできます。

上記、下段部分の写真は、各個室の写真となりますが、ベッド、冷蔵庫、エアコンなどの基本的な設備は充実しており、ネット接続も可能。また、専用の庭や、専用の小さ目のキッチン、洗面台がついた個室もありました。お部屋によってスタイルが異なるので、入居の際は、「どの部屋にしよう」と迷ってしまうこと間違いなしですね。それにしても部屋全体も広々としたスペースが確保されていることが印象的でした。

さて、我々が会場内に入ると、既に会場内には大勢の人で溢れ、イベントの準備が着々と進んでいました。

イベント開始時刻。今回のイベントを企画した株式会社Rバンクさんの金子さんより、ご挨拶と、本日のイベントの流れや「東京シェア+」のコンセプトについてご説明頂きます。

続いて、Rバンク代表取締役の藤田社長からお話頂きます。シェアハウスという事業にかける思いや、「東京シェア+」の展開に至った経緯などのお話がとても情熱的で、個人的にも聞いているだけで、ぐっと来るものがありました。

さて、スピーチの終わりを乾杯の音頭で締めてイベントの始まりです。

乾杯!

 今回のイベントは、シェアハウスのラウンジスペースで行われました。40人以上の方が参加されたとのことですが、
それでも全員がゆとりを持てるスペースを確保できる広さがあるというのは、凄いですよね。

乾杯を終えた後、ディナーを交えた歓談が始まりました。

皆さん、お食事やお飲み物を手にしながら、ゲストの方々によるパフォーマンスがはじまりました。今日ゲストとして招待された、お菓子作りを学ぶ牧野さんは、Rバンクさんの他のシェアハウスにも滞在されながら、シェアハウスという暮らしにより興味を持たれたとのことですが、来年は製菓・菓子作りを学ぶため、フランスに留学に行くのだそうです。この日は牧野さんがシュークリームを使用してシュークリームタワーを皆さんの前で完成頂きました。シェアハウスに滞在される方には、向上心が強い方や、国際的な方が多いような気がします。

 

シェアハウスに関するトークを交えながら、笑いあり、語り合いありの、楽しい時間が続きます。

 続いて、横浜美術館に隣接しているBRASSERIE T's Musse(ブラッスリー・ティーズ・ミュゼ)のオーナーシェフ、福山シェフより、
シェアハウスで友人が訪れた際に、簡単に作れて、オシャレで、美味しい料理というテーマで、フランスの簡単ビストロ料理を披露頂きます。

まず始めは、冷製トマトのスープ。注意点や美味しさとなるポイントなど、お話されながら、料理を手際良く行われる姿が本当に素晴らしいなと思いました。
トマトの他に、ヨーグルトを使用されているからか、スープの味はさっぱりとして、暑い日にはぴったりの美味しいスープでしたよ。

次に、香ばしく焼いた鶏肉に、ハーブのソースとサラダで頂く料理。低温でじっくり料理すると肉汁が出にくく、ジューシーにおいしく仕上がるのだそうです。
福山シェフも、年に一度は本場フランスに行って料理をふるまったり、その他さまざまな活動を積極的に参加されているとのことです。

イベント参加者の方から、「若さの秘訣は?」という質問が飛んだ際、「悩み過ぎないこと、ポジティブでいること」とご返答されていましたが、傍から眺めさせて頂いても、福山シェフは本当にいきいきと料理を作られていて、エネルギーと若さにあふれているようにも感じました。好奇心や探究心、前向きな姿勢というのは、人生においても、「プラス」に働く事が多いのかもしれませんね。

 完成!盛り付けも鮮やかで、食欲がそそりますね。

試食の時間。みなさん、低温で焼いた鶏肉のジューシーさに驚いていました。料理が好きな私も、その柔らかさに驚きました。また、料理を口にしながら、皆さん、積極的にご質問をされたり、また、それを受けて、一つ一つ丁寧にご返答されている福山シェフの姿を眺めていると、自分が培ってきた事を、誰かとシェアする過程で、そこに喜びを感じたり、そこから、また大きな学びを得たりするんじゃないのかなぁと感じてしまうものです。

さて、時間があっという間に過ぎ去り、イベント終了の時間となりました。

 

「シェアハウス」を、ただの住まいをシェアするというだけでなく、自分の特技や趣味を他の人とシェアすることで、更に自分に磨きをかけ、より高みを目指すというコンセプト、純粋に素敵です。

女性専用41人のシェアハウス「東京シェア+」、JR山手線、 田端駅から徒歩9分の場所と利便性や充実した設備に惹かれる女性も多いのではないかと思うのですが、携帯電話やパソコンを通じた間接的なコミュニケーションに、物足りなさを感じている女性にとっては、それこそ視野や価値観が大きく変わる可能性のある場所なのかもしれませんよ。ご興味のある方は是非お問合せ下さい。

また、「東京シェア+」では、一部の部屋に専用の庭があったり、住居人専用のワークスペースがあったりします。菜園で育てた野菜やハーブを住居人みんなと共有したり、一緒に料理を作ったり、その代わりに仕事を教えてもらったり、なんて毎日を過ごす人だってきっといるんじゃないのかな、と思うのです。

日本は古来より、村というコミュニティーの中で過ごしてきた時期があったのかと思いますが、暮らしをシェアするというライフスタイルは、日本人に、とてもあっているのではないかなとも思うのです。シェアハウスでの暮らしを通して、出会いがあり、語り合いがあり、お互いがお互いを刺激し合って、より成長できた、そんな場所が一つでも増えたのなら、本当に素晴らしいですね。

シェアする暮らしの新しい可能性も感じた、「東京シェア+」でのイベントでした。

/Author:セキノ

東京シェア+
物件詳細東京シェア+
エリア 東京都北区
賃料 \61,000 ~ \61,000
アクセス
JR東北本線<京浜東北線>ほか 田端駅 徒歩9分
JR東北本線<京浜東北線>ほか 西日暮里駅 徒歩9分
入居者募集 女性, 年齢制限あり
CONTACT

関連記事
上質なデザインとこだわり抜かれたモノに囲まれた暮らしで、創造性豊かな毎日を 新しいモノ・コトが生まれる暮らし。筆者自身、これまで数多くのシェアハウスを訪問してきた中で、実際に入居...
憧れの街、麻布での暮らし。 富裕層の隠れ家的高級住宅街として、親しまれてきた麻布。  その麻布になんとシェアハウスが新規オープン、しかもオープニングパーティーを開催、との噂を聞き...
「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす」  平家物語に代表される有名な冒頭の一文。誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?私は中学生のとき、国語の授業で暗唱させら...