太陽の恵み、日光の恩恵

今回ご紹介するのは、東急田園都市線「駒沢大学」駅から徒歩4分の女性専用シェアハウス「ペントハウス駒沢」。なんと渋谷から3駅で、駅からハウスまでも5分以内という誰もが羨む好立地に佇んでいます。

閑静な住宅街にどっしりと身を構えた打ちっぱなしのどこか武骨な見た目のハウスは、一歩中へ足を踏み入れると、がらりと印象が変わり、採光に優れ、燦々と降り注ぐ陽の光が心地よい、そんな空間が広がっています。

特に、最上階の居室に面した屋上スペースは都会とは思えないほどの圧巻の景色と開放感が広がり、まさに、手の届きそうな空を眺めることができます。

また、いろいろなパターンの居室(間取り、面積、賃料など)が用意されているので、暮らし方と予算との兼ね合いを考慮しながら選ぶことができると思いますよ(空室状況にもよりますが)。

それでは、お部屋紹介へどうぞ!!

「ペントハウス駒沢」物件詳細はこちら

外観の様子

大通りから一本路地へ入った閑静な住宅街に佇むこちらの建物が今回ご紹介するシェアハウス。コンクリート剥き出しの見た目がとても印象的。

奥はオーナーさんが住まれており、正門から入って手前の玄関がシェアハウスの入り口となっています。

鍵はナンバー式となっており、よく鍵をなくしたり、忘れてしまう方にとっては、ありがたい設備なのかも。

中へ入ると、壁一面にシューズボックスが用意されています。そして、正面は大きな姿鏡となっているため、お出かけ前の身だしなみをチェックすることができます。

メインラウンジ

ものが少なく、すっきりとした印象のラウンジは、大勢でワイワイ騒ぐというよりも、まったり、ゆったりと落ち着ける空間になっています。

壁掛けの薄型テレビは、配線が見えないよう裏側にしっかりと収納され、見た目もすっきり。

ラウンジに設置されたゴミ箱は、ポップなカラー。

また、大型の冷蔵庫が2台設置されています。

水回り設備

ラウンジの隣にあるキッチンは使いやすそうでシンプルなデザイン。一通りの電化製品や食器まで揃えられ、料理を楽しむことができそうです。意外と、シェアハウスに入居してから、料理を始める方って多いんですよね!

キッチンには3口のガスコンロが用意され、

収納棚には電子レンジ、トースターなどの電化製品も並んでいます。

また、本格的なオーブングリルに、食器洗浄機まで備わっています。これもあると便利な設備ですよね。

ランドリースペースは建物1階に設置。洗濯機、乾燥機はどちらも無料で利用することができます。

さらに、3階にはシャワールームと、

バスルームがそれぞれ1室ずつ用意されています。

       

プライベートルーム

全部屋個室となっており、広さや採光、賃料などはそれぞれのお部屋で異なります。ここでは、いくつかのお部屋をピックアップし、ご紹介させて頂きます。ちなみに左の写真は大きな2面の窓が特徴的な401号室の様子。天井も高く、申し分のない開放感を誇ります。

こちらは102号室の様子。縦に長く広がる設計は、窮屈さを感じさせないゆとりある空間となっています。

続いて、304号室は、大きな窓から注ぎ込む陽の光が心地よい、採光抜群のお部屋。

また、専有のベランダまで備わっています。

303号室は、三角形の不思議な間取りですが、広々としたお部屋です。

ちなみに、各居室にはテレビと冷蔵庫が用意されています。

ベッドの下には簡易収納もあります。

さて、階段を上がり、最上階の4階に用意された個室を見てみましょう。

402号室は、天井が高く、南向きの窓からは暖かな陽の光が注ぎ込みます。

一度外へ出ると、辺り一帯を一望できる贅沢過ぎるバルコニーが待ち構えています。

 

こちらのシェアハウスを運営するゲストハウス東京コレクションさんは、都心の駅から徒歩5分圏内の立地に女性専用シェアハウスを数多く運営されています。働く女性が安心して暮らせて、しかも立地が良く、生活がしやすい環境の住まいを提供したいとの思いから、シェアハウス運営を始められたそうです。運営者さんも思わず「お父さん」と呼びたくなるような人柄で、ときに優しく、ときに厳しく、愛情を持って接してくれます。

それは、ただのアパート、マンション管理ではなく、いわば、他人と一緒に一つ屋根の下で暮らすシェアハウスだからこそ、管理する方も一期一会の出会いと繋がりを大切に、楽しく居心地の良い空間を整えてあげたいと思うのだそうです。そのため、ルールを破ったものには厳しく注意もすることもあるし、反対に、入居者の相談や要望には丁寧に対応し、イベント時には差し入れなどもご用意されるそうです。

燦々と降り注ぐ陽の光と寄り添う生活。最近では、日光を浴びるのを避ける人も多いようですが、人間の体には日光浴が不可欠。日の光が脳の活動を引き起こし、体内時計の調節を行い、調節がうまくいかないと生活のリズムが乱れて慢性的な体調不良を引き起こしてしまうこともあるとか。

そう、メリットとデメリットは隣り合わせで存在するもの。シェアハウスでの暮らしも両方をしっかりと踏まえたうえで、うまく付き合っていくことが大事なのかもしれませんね。

/Author: カガワ

ペントハウス駒沢
物件詳細ペントハウス駒沢
エリア 東京都世田谷区上馬
賃料 \45,000 ~ \62,000
アクセス
東急田園都市線 駒沢大学駅 徒歩4分
東急世田谷線 西太子堂駅 徒歩17分
入居者募集 女性
CONTACT

関連記事
シェアから生まれる安心感。 シェアハウスの中にはこれからの可能性を感じるユニークなものがあります。その一つに「シングルマザー向けシェアハウス」というシェアハウスがあるのをご存知で...
穏やかな部屋の中で。 都心とベイエリアが調和する近代都市豊洲。 都心へのアクセスが良く、都営バス停から徒歩1分で、月島・勝どき・築地・東銀座・銀座・新橋へ一本で行けます。 元々...
自然と住居人が集まれるカフェのような共有スペース 「Come on up 永福」から歩ける距離にある「Come on UP永福弐番館」。ハウスの二階中央には、カフェをイメージさせるリビングがあり、住居人...