安全で安心できる暮らしに、素晴らしい眺望をプラスして。

先日、新たな東京のシンボルになりゆる「東京スカイツリー」が、ついにオープン致しました。初日はあいにくの雨模様だったそうですが、翌日からは晴天に恵まれ、連日賑わいをみせているようです。

ふとここで思うのですが、人はなぜ高い建物や、そこからの景色、眺望に心奪われるのでしょうか?

遮るものが何もなく、遠くの景色まで見渡せるから。それとも、いつもと違った角度から自分の住む街を見てみたいから。もしくは、誰よりも高い場所から地上を見下ろし、ちょっとした優越感に浸りたいから。人それぞれ心奪われる理由は異なるのでしょうけど、地上から高く離れた場所に、人が何かしらの不思議な魅力を感じていることは間違いないのではないかと思います。(高所恐怖症の方は別として、)

今回ご紹介するのは、地上7Fのリビングから街を一望することのできる「ヴィラージュ中原駅前」。JR武蔵中原駅からも徒歩1分という好立地に加え、運営会社であるジェクトさんは、このシェアハウスのすぐ隣に事務所を構えているということもあっって。何か連絡したい時や問題が起きた時など、すぐに対応して貰えるという安心感もあります。

学校や会社へ向かうため、何かと慌ただしい平日の朝、パンを頬張りつつも、みんなで窓の外へ目を向けて、心に余裕を持たせる、そんな情景が思わず浮かんできそうなリビングが何とも魅力的な新規オープンのシェアハウスです。

ではでは、早速お部屋紹介へどうぞ!!

「ヴィラージュ中原駅前」物件詳細はこちら

メインラウンジ

7Fの最上階にあるラウンジは採光も眺望も抜群です。毎朝、太陽に向かって背伸びをし、大きく深呼吸すれば、きっと清々しい気持ちで1日のスタートを切る、そんな生活は如何ですか。

屋上テラス

こちらは建物の屋上にあるテラス。圧倒的な開放感があり、柵の向こう側を見下ろすと、最寄駅のホームが見えます。また、天気が良い日は東京タワー、東京スカイツリーも見えるそうですよ。

   

ヴィラージュ中原駅前の外観の様子。

マンションタイプのシェアハウスは、新耐震基準の新築7階建て2012年3月にオープンしたばかりです。

ポストは各部屋ごとに設置されているので、他人の郵便物と交ることはありません。また、鍵はカードキー式のオートロックとなっております。

入口すぐの靴置場の様子。まだ、棚の上には胡蝶蘭が綺麗に飾られ、新築の香りが漂っています。

そして、エレベーターに乗って、楽々と7Fまで上がると、共用ラウンジがあります。ラウンジにある大きな大きな窓からは明るい日差しがさんさんと降り注いでいました。

空間の中に実際に足を踏み入れると、太陽の光というのは、何ともやすらぎを感じるものだと実感します。


会話が弾みそうな空間ですね。螺旋階段がなんとも良い雰囲気を醸し出しています。

また、料理をしながらカウンター越しに景色を眺めることもできるのですが、料理好きの方には嬉しい景色であること間違いなしです。

キッチンには、一通りの調理器具が揃えつけ。各自調味料などを保管できる棚にはボックスが備えられています。

また、ラウンジには共用のパソコンや大型TVが設置されています。、その後方には螺旋階段があるのですが、そこから溢れんばかりの光が降り注ぎ、部屋全体を明るく演出してくれます。

その階段の先に、屋上があり、その眺望がまた格別です。屋上のテラスで、洗濯物を干すのもよし、椅子に座ってお茶を楽しむのもよし、晴天の日は、憩いの場所となりそうです。

自転車置き場も完備。

トイレや浴室は男性、女性と区別されているので、安心して使用することができます。

また、浴槽もありました。湯沸しには制限があるそうですので、入居後は入居者同士の状況を確認しあってご活用ください!

勿論、シャワーは常時使用可能です。

       

さて、お部屋紹介に参ります。お部屋は2F~6Fまで各6部屋ずつ、4Fが女性専用フロアとなっているそうです。

お部屋には全てナンバー式の鍵が装備されいますので、

プライベートを確保しながら、鍵を持つ必要の無い快適な生活を送ることができそうです。

全部屋のデザインは全て統一されており、ベッドの下に収納BOXを2つ設置、ハンガーラック、本棚、机とシンプルな設計です。

不要なものは撤去することも可能とのことですので、持ち運ぶと荷物と、備え付けの家具、頭の中で描く部屋構成を考慮しながら、相談してみてください!

また、部屋の窓からは外を眺めると、大通りや運営会社ジェクトさんの看板を眺めることができ、好立地な場所にあるシェアハウスということを再認識させてくれます。

 

「ヴィラージュ中原駅前」は、大きな窓から眺める景色の美しさ、ゆっとりとしたラウンジ、シンプル且つ快適に暮らせるお部屋のレイアウト、新築ならではの内装の綺麗さなど、魅力的なポイント満載ではありますが、個人的には、高い建物であるにもかかわらず、耐震という面に、とてもこだわられていて、安心した暮らしを提供してくれる運営者さん、という側面がなんともお薦めのポイントだと感じました。

勿論、デザインや建物の内外の綺麗さなどは、魅力的なことには変わりないですが、高い建物のシェアハウスにおいて、「安心・安全」にこだわられている、当たり前の様ですが、基本に常に忠実な運営者さんがいるというのは、心強いものだと思います。

昨年、起きた大震災で改めて考えさせられた建物の安全性。利便性ばかりを追求し続けて、忘れかけていた基本への忠実さが、ここにはあるのではないだろうか、運営者さんとお話をしていて、そんな事をふと考えてしまいました。

シェアハウスに入居して、色んな人と出会って、思い思いの事を本音で語れるような関係を築けたとしても、足元がぐらついていては、景色も揺らいで見えちゃいますよね。せっかく、美しい景色が見えるだけに、しっかりと腰を据えて、暮らしを通して出会った仲間と、良い景色を眺めたいものです。

安全で安心できる暮らしに、素晴らしい眺めもプラスされた、シェアハウス。きっとここから、色んな良き出会いや語り合いが生まれるのではないでしょうか。

/Author: カガワ

関連記事
Wiredなシェアハウスって何だろう。 JR・中央線、総武線が繋がるアクセス良好の中野駅、徒歩9分に新しくオープンしたシェアハウス「wired pack 中野」株式会社10さんが運営するpackシリー...
「遊ぶ」、「学ぶ」、「食べる」。日常生活が豊かになる3シーン 住まいに求めるもの。それは人それぞれ異なりますが、「安心」、「快適」、「休息」。この3つの要素は住まいを選ぶ際には、誰...
海と共に暮らす、憧れの湘南・江ノ島シェアハウス 日常の中に江ノ島の景観が溶け込む。海が目の前にある街の風土が、都心にはないゆったりとした時の流れを織りなし、青い海をじっと眺め、...