210304_QuestionnaireArticle_01a

サイト利用者にアンケートを実施しました!

 

いつも「東京シェアハウス」に訪問頂き、ありがとうございます。

このサイトに訪れてくださっている皆様にご報告です。

この度、東京シェアハウスをご利用頂いている方々に、2020年3月〜2021年2月までシェアハウスに関するアンケートをお願いし、回答して頂きました。

シェアハウス未経験者、経験者、合わせて600名以上の方の回答が集まり、独自の結果が出ましたので、今後少しづつご紹介していきます。また、今回の記事を書くにあたり、運営者さんにも取材を行い、暮らしの様子や手続きのあれこれについての本音の声をお聞きしました。

ご回答頂いた皆様、取材にご協力頂きました運営者の皆様、誠にありがとうございました。

 

☆ 

 

第一回目の今回は、「シェアハウスへの入居を考えたきっかけ」、「シェアハウス生活に期待すること」にスポットを当てて、見ていきたいと思います!

結果を見ると、

 

01
ご回答頂いた方々の属性

   

page-1 (4)

(6)infographic (8) 

  

02
最初にシェアハウスへの入居を考えたきっかけを教えてください(1つ選択)

infographic (5) 

sonota 

 

03
シェアハウス生活に期待することを教えてください(複数選択可)

 

page-1 (3)

 

page-2 (5)

欠点・その他欄サンプル (1)

いま、シェアハウスに住むということ。

 

いかがでしたでしょうか。 

モノも場所もスキルも、今や誰かと「シェア」する時代。

「入居を考えたきっかけ」のアンケート結果を見ると、TVやネットの影響もあってか、暮らしの選択肢として、シェアハウスが自然と皆さんの頭の中にあるように感じます。

「期待すること」としては、やはり金銭面に多くの方が票を入れていました。

シェアハウスの中には、交通アクセス抜群の新宿区で検索をしても7万円以下で入居できる物件もありますし、最近では都内の物件数も増えてきているので、学生や若者も自分の住みたい街に住むことができるかもしれません。 

 

また、アンケートを取らせて頂いた時期は、コロナウイルスが流行している真っ只中。共同生活ということで、やはり不安な面もあったかと思います。逆に、そんな時期だからこそ、リアルな交流ができる喜びを感じられた方も多くいるはず。

人と関わることを制限されて、さらにシェアの可能性を感じる今日。孤独を感じやすいこの時代に、シェアハウスは人々の大切な居場所になると思うのです。

改めまして、アンケートにご協力頂いた皆様ありがとうございました。今後も、継続的にこのような記事を配信していきますので、シェアハウスの実態や動向はどうなっているのか、参考にして頂ければ幸いです。

 

Writer: 東京シェアハウス一同

Related Post
Newly constructed sharehouse from Designer’s House A place where one can bask in the sunlight, breath deeply and relax. Imagine that pure-like ambiance between midnight and earl...
Attention! A 1668 square feet lounge space awaits you at the large-scale social house, the “FineMaison Yokohama”. Look no further than this share house with vast spacious site. T...
  Living in a big house of your dreams. What if I become rich… Flying around the world, enjoying fine cuisine, moving into a big mansion… Winning a lottery or gaining ample of m...