カフェスタイルの洗練されたラウンジ

「東京」。そこは、日本の事実上の首都が置かれている都市であり、世界最大のメガシティと評されるほどの人口規模を有している(wikipedia参照)。また、経済規模でもアメリカ・ニューヨークをしのぎ、世界最大であるそうですから、「東京は大都市である」と胸を張って、言えるのではないでしょうか。

そんな大都市での暮らし。皆さんはどのようなシーンを思い描きますか?少しネガティブな目で見ると、満員の通勤電車、車の渋滞、混雑した街の様子などが咄嗟に思い浮かんでしまうのですが、都会での暮らしでしか味わえない醍醐味もそこにはあるはず。

例えば、世界の名画があつまる絵画展や、音楽のLIVE・コンサート。舞台、ミュージカル、歌舞伎などの芸能も家から少し羽を伸ばせば、身近に気軽に楽しむことができます。さらには、お洒落なブティックやレストラン、カフェなども数多く点在し、その場所にいるだけで、何だか気分が上がってしまうものです。

そこで今回ご紹介するのは、東急東横線「祐天寺」駅から徒歩4分の女性専用新築シェアハウス「Amitie(アミティエ)中目黒」。ラウンジはコンパクトなダイニングテーブルが3卓並び、ポップな配色の家具で彩られたカフェスタイルの空間に仕上がっています。最先端の流行を発信する若者の街として有名な「渋谷」までは、電車で揺られることたったの6分。しかも3月16日からは東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が始まり、新宿、池袋といった主要ターミナル駅へも一本で行けるようになるそうなので、まさに都会での暮らしを思う存分楽しむにはうってつけの立地とのこと。

東京に住むからには、都会での生活にどっぷりと浸かり、悠々自適に暮らしたい!そんな女性の方には、是非ともオススメしたいシェアハウスです。

それでは、早速お部屋紹介をどうぞ!

「Amitie 中目黒」物件詳細はこちら

   

外観の様子

駅前の商店街を抜けた閑静な住宅街に佇むこちらの建物が、今回ご紹介する女性専用シェアハウス「Amitie 中目黒」。真新しい見た目が何とも印象的なのですが、それもそのはず、新築だからです。話によると、運営するメニースマイルさんの物件は全て新築なのだとか。。恐ろしや。

暖かみのあるウッドドアがお出迎え。時の流れと共に、少しずつ味わいが出てきそう。

ちなみにこちらは「祐天寺」駅周辺の様子。渋谷駅までは、電車でわずか6分。ハウスから歩く時間を含めても、10分程度で渋谷まで出ることが出来ます。

駅周辺には商店街があり、スーパーやコンビニもあるので、ちょっとした生活用品などは一通り揃えることができそうです。

メインラウンジ

ポップな配色で彩られたラウンジは、3つのダイニングテーブルが並べられ、カフェスタイルの都会的な過ごし方が楽しめそうです。
集中したいとき、ごはんを食べるとき、会話を楽しむときなど、そのときの気分によって、座る席を変えてみるのも楽しいのかも。

玄関、キッチン、ラウンジとそれぞれのスペースを隔てることなく、一つの空間にまとめられているため、開放感は抜群です。

今度は上から見下ろしてみます。仲間と会話を楽しむ他にも、持ち帰った仕事をこなしたり、資格取得に向けて勉強したりと、いろいろなシーンが思い描けます。

玄関から上がればすぐにラウンジのため、「ただいま」「おかえり」。そんな自然なやり取りが交わされるのかもしれませんね。誰かが家で待っている、ただそれだけで何だか安心感してしまうものです。

シューズボックスの様子。1人につき1段分のスペースとなっているため、少し物足りなさを感じる人も中にはいるかもしれません。

こちらは、3つのIHクッキングヒーター。手前のボタンを押して温度調節をします。一列に並んでいるので複数人でも料理がし易そう。

シンクもこの広さなら、役割分担しながらお皿を洗うこともできると思います。

シンクの下には食器などを収納できる大容量スペースが確保されています。

こちらは洗面台の様子。新築なので、清潔感に満ち溢れています。

浴槽付のシャワースペースが、1階と2階に1カ所ずつ用意されています。

トイレも浴室同様、それぞれのフロアに1カ所ずつ設置されています。

トイレのお部屋を見上げると、ロウソク風の明かりが灯ります。

こちらは、2階のベランダの様子。等間隔で備えつけられているものは、洗濯物を干す時に使います。

このように立てることによって、ピンチハンガーや、物干し竿を引っ掛けることができるようになる優れもの。

プライベートルーム

こちらは、モデルルームの様子。シンプルなレイアウトなので、自分好みのテイストにアレンジ可能です。
なかには、少し狭いと思われる方もいるかもしれませんが、天井はかなり高く設計されており、圧迫感を感じさせない空間に仕上がっています。

ベッド下には収納スペースが備わっており、肌着やタオル、小物などを保管するにはちょうど良いのかも。

居室は、全13室。ほぼ同じ広さとレイアウトになっています。

また、先ほどご紹介したのはあくまでもモデルルームなので、入居スタート時は上写真の通り。どんなお部屋にデザインするのかはあなた次第。

 

今回ご案内した「Amitie 中目黒」は、渋谷までのアクセスも約6分という好立地にあることと、シェアハウスのために新築で造られているため、入居者が暮らしやすい設計になっている点は大きな魅力です。例えば、隣り合うお部屋同士を隔てる壁が全てアパートレベルの防音仕様となっているなど、お部屋の物音などを気にされている方にとっては嬉しい造りとなっています。

また、「祐天寺」駅の周辺は、スーパーやちょっとした雑貨屋やコンビニなどがあり、普段の生活に必要なものは一通り揃えることができるとのこと。さらには、「中目黒」、「代官山」エリアは、歩いても15分くらいの距離なので、休日には気分転換にふらっと気軽に外へ出て、カフェ巡りをしたり、好きな雑貨屋を探したりと、優雅なひとときを過ごす事ができそうです。

「Amitie 中目黒」を運営するメニースマイルさんは、夢を持ち、夢を追う人ほど、刺激溢れる場所で暮らしてほしい。五感をフル稼働させていろいろなものを吸収し、いつかそれぞれのステージで羽ばたいてほしい。そんな願いを込め、渋谷、目黒、世田谷を中心にシェアハウスをオープンしていく事を目標にされているそうです。「Amitie中目黒」という名前の由来についても、「Amitie」は、フランス語で「友情」「好意」「親切さ」を意味し、このシェアハウスに住む人の友情や思いやりに満ち溢れた空間になってほしい、そんな願いを込められたのだとか。

それぞれの性格や個性は異なるけれど、他人を思いやる心さえ不変であれば、きっと素敵なシェアライフを送ることができるのでしょうね。そして、いつかこの場所が暮らしている人の笑顔に満ち溢れた空間になることを願って。

/Author: カガワ

関連記事
ハイグレードな設備に囲まれた暮らし 「何かを得たら、何かを失う」or「何かを得たいなら、何かを捨てよ」 人生の教訓として、よくこんな言葉を耳にすることがあるのですが、そんなことを...
日本の古くからの良さと、モダンテイストのハーモニー チンチンという路面電車の鐘の音に、ふと懐かしさをおぼえる。そんな趣のある街がここ三ノ輪です。上野と北千住のちょうど真ん中に位置...
グローバル社会に生きる現代だからこそ、日常生活から楽しく英語を学ぼう 英語を学びたい。そんな願望を持ちながらも、社会に出てから仕事をしつつ、何か他のことを学ぶというのはとてもハー...