ハチは駅の前で、死去した飼い主の帰りを毎日待ち続けた。

今やすっかり渋谷駅のシンボルとなった銅像で知られる忠犬ハチ公。飼い主と犬との関係性を描いたこの物語は小説や日本の実写映画、さらには海を越えてハリウッドでもリメイクされるまで有名な実話となりました。この他にも、最近では人間と(犬だけに限らず)動物との関係性を描いた書物や映画が数多く、世に出回っているように思えます。

普段、人間ばかりが身を置く世界の中にいると(特に都心部では)、物事の考え方も知らず知らずのうちに人間中心に偏向している、なんてこともあるかと。

また、動物と触れ合うことで人間だけの世界、社会ではないのだと、気づかされることもあるかと思います。

今回ご紹介するのは、そんな人間と動物が暮らしを共有するシェアハウス「HOUSE-ZOO 壱番館」です。

人と人がシェアする暮らしは認知されてきていますが、これからは、人と人の間に動物も介在した、より広い意味での共生するライフスタイルが普及していくのかもしれません。

人が好きなあなた。動物が好きなあなた。是非、覗いてみて下さい。それでは、どうぞ!

「HOUSE-ZOO 壱番館」の物件詳細はこちら

   

外観の様子

2011年に新築されたシェアハウスです。壁の塗装も真新しい印象を受けますが、これから少しずつ周囲の景観に馴染んでいくのでしょうね。

エントランスはやや坂になっています。向かって左側には個別のポストが設置してあります。

ゴミはハウスの敷地内に専有のBOXがあるので、時間帯を気にせず、こちらへ。

玄関のドアを開けると、パティオ(中庭)まで一直線。段差がなくフラットなつくりとなっているため、散歩から帰宅したペットたちが思わず駆け出したくなりそうです。

メインラウンジ

ポップな色調の家具が印象的です。パティオに面しているため、採光も十分。さらには、ラウンジから玄関まで窓が一直線上に並んでいるので、風通しも抜群。心地良い風が吹き抜けます。

また、キッチンとラウンジには遮るものが何もないので、開放感があります。

こちらのスペースは入居者の憩いの場となっていそうです。ソファにもたれながら、テレビを見ながら、どんな会話が飛び交うのでしょうか。

ラウンジにポツリと佇むロデオボーイ。運動不足の解消は彼を頼りに。一人暮らしのお部屋では邪魔になってしまいそうな大きさですが、24帖もの広さがあれば、あまり気になりません。

パティオ(中庭)

玄関から走って駆け込んできたペットは、こちらの中庭でよく遊んでいるとのこと。この場所はイベントを行う際には、バーベキューを行う広場としても活用されるようです。一見気になりそうな煙も直接屋外へ吹き抜けとなっているので、心配ありません。

パティオからゆっくりと目線を上げたその先には、突き抜けるような青空が。

屋上のルーフバルコニーから見下ろすと、こんな感じです。

晴れた日はパラソルの下で、ちょっぴりセレブ気分を味わったり。

カウンターには、チョコレートや乾き物などのおつまみが並んでいます。お酒の友はいつでもこちらに。

さて、水回りを見ていきます。キッチンは流し台と調理場しっかりと確保されています。準備から後片付けまでスムーズに行えそうです。

食べ物を煮たり、焼いたりするのなら、こちらのIHクッキングヒーターで。

こちらは人間が使用する浴室ではなく、ペット専用の洗い場。玄関から中に入ってすぐの場所にあります。外で付いた汚れはここでしっかりと洗い流してください。

入居人の方はこちらの浴室で。個人で使うシャンプーやリンスを保管できるBOXが備わっています。

浴槽付きのお風呂で1日の疲れをしっかり取り除いてください。

プライベートルーム

お部屋はベッドと独立洗面台が備え付けであります。朝の忙しい時間帯も自分の部屋で準備ができてしまうのは、とても好都合なのではないでしょうか。(B-2号室)

A-3号室の様子。このお部屋には独立洗面台は備わっていません。内覧の際には各個室ごとの設備も要確認ですね。

この金具は、物干し竿を掛けるためのもの。必要ない時は窓側へ折りたためます。

B-4号室の様子。

独立洗面台にはコンセントが付いているので、ドライヤーも使用可能です。

収納はこちらのスペースで。衣類を隠したい場合は突っ張り棒で布を掛ければ、簡易クローゼットに早変わり!?。

B-3号室の様子。

最寄の蒲生駅周辺の様子。最寄には飲食店やスーパー、コンビニなどがあります。

ハウスの近くには、広々とした公園があるので、ペットと一緒に散歩をする際には是非立ち寄ってみてください。

最後に、個人的に気になった「エレベーター工場」をパシャリ。 国会議事堂で使われているエレベーターもこちらの会社が納入しているのだとか。

 

「HOUSE-ZOO壱番館」の運営・管理を行うシーワンさんは、今回のシェアハウスに限らず、中古のビルなどをペット共生賃貸マンション(アパート)に蘇らせるリノベーション事業の実績もある事業者さんです。企画には、ペットショップ・ペット美容室・ペットホテル・訓練などを営むプロのスタッフの方も関わっているため、より動物が暮らしやすい住宅環境が整えられているそうです。

人間だけが同じ屋根の下で暮らすのではなく、動物とも生活を共にするため、思わぬハプニングが起こるかもしれません。だからこそ、建物のことだけではなく、動物のこともしっかりと熟知している事業者さんが運営しているというのは、何とも心強いものです。

コンセプトは「ペットも人も楽しく暮らす」とのこと。動物が好き、人が好きという方、シェアハウスに興味はあるけれど、ペットが飼えないから、、、そんな理由でシェアハウスへの入居を諦めていた方には、是非知ってほしいシェアハウスでもあります。

住居人の方々や運営者さんと一緒に、より多くのペット・動物と触れ合い楽しく暮らしてみる。勿論、健康や衛生、ペットと暮らす環境などの色んな面で、学べるものも多いようにも思いますし、暮らしを通して、人間と動物との関係性が様々な物語を織りなすしていくのだとも思います。その物語の一幕に加わってみたいという方、是非も訪れてみて下さい。

もしかしたら、家の中で、飼い主の帰りをずっと待っているペットの姿を日常的に眺めるような生活が始まったりするかもしれません。

/Author: カガワ

HOUSE-ZOO壱番館
物件詳細HOUSE-ZOO壱番館
エリア 埼玉県越谷市蒲生西町2丁目17-21
賃料 \28,000 ~ \43,000
アクセス
東武伊勢崎線 蒲生駅 徒歩7分
東武伊勢崎線 新田駅 徒歩16分
入居者募集 男性, 女性
CONTACT

関連記事
縁側と中庭のある純日本家屋。 旅館の様なたたずまいと縁側付きの中庭が魅力的な「Come on UP 永福」。 15畳ほどあるカウンター付きキッチン+リビングに、緑あふれる縁側付きの中庭は、なん...
猫と心地よく暮らすために設計された住まい 都内でペットを飼いながら暮らしたい。こんな願望を抱いている人は少なくないと思います。でも実際に、ペットを飼いながら暮らすとなると、まず...
英語を楽しみながら学ぶ英語学習プラグラムが充実 最近「グローバル」という言葉を、あちらこちらで耳にするようになりました。 インターネットで世界中がリアルタイムに繋がることができ...