外国人と一緒に暮らすシェアハウス、世界の価値観に触れるシェアハウス:モダンリビング南行徳

今回ご紹介するのは東京メトロ東西線の南行徳駅から徒歩6分、市川市の閑静な住宅地にある「モダンリビング南行徳」 (運営は、Modern Guesthouse & Apartment Livingさん)

同社が運営するシェアハウスの特徴は、なんといっても、外国人の方の入居者率が高いこと、どの物件でも、国際交流が活発に行われているそうです。海外の留学経験が有る方の入居も多いとのことしたが、日本にいながら、なんだか異国でホームステイしているような、そんなアットホームな雰囲気を感じる人も多いとのことでした。ハウスは一戸建ての建物ですが、鍵が各居室ごとに付いているので、安心して入居できるというところもいいですよね。

また、42インチの大型プラズマテレビにスカイパーフェクトTVが見放題と、設備も充実していますし、映画やスポーツなども好きな時間帯に視聴することができます。一人暮らしでは、なかなか手に入らない生活が日常的となるのは、やっぱり魅力的。さらに、日本有数のテーマパークであるディズニーランドにも自転車で行ける距離ということもあって、ディズニーファンの方には、きっと嬉しいシェアハウスであること、間違いなし。

ではでは、早速お部屋紹介へどうぞ!

「モダンリビング南行徳」物件詳細はこちら

   

「モダンリビング南行徳」は新築一戸建てのシェアハウス。こちらは表札の様子。

こちらが外観です。一見すると、閑静な住宅街にあるごく普通の家にしか見えませんが、ドアを開け、建物の中に一歩足を踏み入れるとそこは・・・。

エントランスには入居者の靴がずらりと並び、正面には姿鏡、連絡事項などを自由に書き込めるホワイトボードがあります。

玄関の壁に大きく掲げられた「オードリー・ヘップバーン」の写真。私は「ローマの休日」で小悪魔的な役を演じる彼女がたまらなく好きです。

共同ラウンジの様子。。撮影で訪問した際は、休日だったのですが、入居者の方々が映画を観ながら朝食を取られていて、優雅さすら感じましたよ。

キッチンは3口ガスコンロが付き。冷蔵庫にはイベントやパーティーの時の写真が貼られていましたが、見ているだけで、なんだかとても楽しそうなシェアライフを送っているんだろなと感じましたよ。

さて、階段を上がると、居室が並んでいます。

こちらは、洗面台の様子。洗面台は階ごとに設置されていているのが嬉しいですね。歯ブラシや髭剃り、ドライヤーなどが並んでいるのは、生活感が漂っていますが、逆にこういうのをみると、なんだか「共同生活」っていいな、と思ってしまいます。

       

さて、こちらはお部屋の様子。寝具やデスクなどは生活に必要な備品は最初から備え付けなので嬉しいですね。家具は全てIKEAで揃えられたとのことですがモダンなテイストが漂っていると思います。

部屋ごとにカラーや雰囲気も異なっているので、内覧に訪れた際は是非チェックしてみてください!

こちらは302号室のお部屋。白を基調とし、すっきりとした印象でしょうか。窓も2つ付いていますし、日当たりも良かったですよ。

洋風のデザインの中に、和風の壁掛け。こちらはディスプレイ用とのことですが、和洋折衷な空間といった感じでしょうか。

 

「モダンリビング南行徳」を訪問してみて、外国籍の方の入居率が高いことに驚いたのですが、入居者の方もフレンドリーで、お互いの距離も近いような印象を受けました。シェアハウス内では当然のように英語での会話が飛び交っていて、言語を学びたいという方には、とてもオススメのシェアハウスかもしれません。

冒頭でもお伝えしましたが、やっぱり海外のホームステイに近いような感じではないでしょうか。あっ、そういう意味では、これから留学を検討している人にとっても、事前準備的に良いかもしれません、笑) もちろん、個人的には「言語」だけではなく、色んな文化の違いなどを肌で体感するところが、もっと価値があると思うのですが、、、ですので、自分自身の視野を広げてみたい方、そんな方は、是非。

撮影時に案内してくださったスタッフの方も外国人の方でしたし、運営者の方も「日本人と日本を訪れる外国人が、言語、文化を交流できる懸け橋となること」を目指しているとのことでしたので、そういう意味では、暮らしを通して、異文化と触れ合う機会があることって、凄く贅沢なシェアハウスなんじゃないのかなぁとふと感じてしまいました。一つ屋根の下で異なる背景を持つ入居者と「暮らし」を共有し、色んなことで語り合って、色んな思い出をつくる。そんな場所こそが、いつしかあなたにとって、かけがえのない場所になるのかも。

/Author: カガワ

関連記事
きっとこの場所から何かが生まれるはず、アトリエのあるシェアハウス:「シェ・トワMALUKI」 今回、ご案内するのは、株式会社ストーンズさんが運営する「シェ・トワMALUKI」です。コンセプト...
住まいと仕事場の融合 今回ご紹介するのは、丸の内線「四谷三丁目」駅から徒歩3分のシェアハウス「四谷の家」。電車の路線図を見てみると、四谷はちょうど山手線が走る円の中心に位置し、東京...
新築ならではの居住性と機能性にこだわった住空間 シェアハウスの暮らしやすさと居心地の良さとは!? 多人数で住む上での暮らしやすさと、一人で住む上での暮らしやすさは多くの点で異なるこ...