banner_house_report_topA_couverturenishikasai_jpn

 生活の機能性を第一に考えた細かな気遣い。

広いリビング、そして大きなアイランドキッチン。一人暮らしではありえない設備を利用できるのはシェアハウスに住むことで得られる特権ですが実際の所どうなんでしょうか。住んでみたけど、どうも住み心地が悪かった。隣の部屋との壁が薄く騒音が気になる。キッチンやリビングの使い勝手が悪い。少なからずそんなことを感じている方も居住経験者の中にはいらっしゃることでしょう。ハウスの住みやすさを考えてみると、そこに住む人のモラルや人間性がが影響してくる「居心地」そして、ハウスデザインが普段の生活をベースにして考えられている「機能性」の2つの軸によって成り立っているかと思います。そんなところで今回のシェアハウスのテーマは「住みやすさ」。シェアハウスの住みやすさを形作る2軸を追求した物件をご案内します。

退去するまで気づかなかった。そんな住んでいてストレスを感じない「生活の導線」を体現している機能的なシェアハウス、それがFOR.Cさんの運営するCOUVERTUREシリーズです。FOR.Cさんは施工、デザインから管理まで一括で行っているためハウスの細部までこだわり抜いた設計ができるのが特長です。いつもは小、中規模のシェアハウスの管理が多いのですが、今回は大型物件ということもあって通常と異なり、それだけ大人数で使用することで生まれる兼ね合いも想定して居心地の良いハウス作りをしないといけません。

物件も大きいことですし、広いスペースをどう活用したのでしょうか?Couverture西葛西の全貌はどうなっているのでしょうか?

「Couverture西葛西」物件詳細はこちら     

   
kasai_2

ガラス張りの曲面が特徴的な淡い緑の外観。

西葛西駅から徒歩5分程度歩いたところ、長閑な道沿いに今回の物件は立っていました。総世帯数はなんと38世帯!男女共同の大規模なシェアハウスです。そんなに人がいたら住み心地が心配ですがどうなのでしょうか?

kasai_1_22 

住環境でいうと外にも着目しておきましょう。

kasai_1_23 

駅の周辺はスーパーマーケットはもちろんのこと、

kasai_1_25

駅の下で展開している商店街には飲食、そして生活雑貨が揃えられる幅広い店舗が構えていました。

kasai_1_24

薬局はもちろん、看板の写真が美味しそうなお弁当屋さん

kasai_1_26

そして100円ショプもありました。

kasai_3

物件の近くにたどり着くと水の流れる音が聞こえてきます。

kasai_5

音は物件の正面にある公園から聞こえてきます。

kasai_6

音の正体は正面奥から流れ落ちる噴水でした。まさに憩いの場というべき公園です。

kasai_1_17

クールな表札が目に止まる、COUVERTUREシリーズ最新作。

COUVERTUREシリーズの特徴はハウスに関するデザイン、施工、運営管理までワンストップで行うことで居者の暮らしの目線を最優先で考慮されたハウス作りができること。ブランド名にも起用されているCOUVERTUREとは上質なカバーチョコレート、クーベルチュールチョコレートから由来しているそうで名前の通りどのハウスも一貫としたデザインと仕様で上質というべきに相応しいシェアハウスです。

kasai_1_14

物件正面脇には駐車スペースがあります。ここは駐輪場として活用するそうです。

kasai_7

ズラッと並ぶ郵便受けを見ると38人が住んでいるだなと実感が湧きます。 

kasai_1_19

それでは玄関を開けて中へ入りましょう。

kasai_76

物件の中はスリッパに履き替えて移動します。靴は部屋番号で割り振られたシューズケースへと収納。

kasai_75

玄関を入って左手側の階段を登ると居室フロアへと続きます。

kasai_30

あえて別々に分けられた3つのパブリックスペース。

玄関を開けてまず最初に目に入るのは緑の生い茂るグリーンウォール。白を基調とした空間にここだけグリーンが配置されることによってより明るく感じるアクセントとなっています。1Fフロアには4つの居室とシャワーやトイレ、洗面台などの水回りはもちろん、住人の集う”場”が配置されています。まずは1フロアをぶらりと見て回りましょう。

kasai_31

先ほどの廊下をまっすぐ行ったところから見るとこのような景色。

kasai_8

先ほどの写真の手前、食料を保管するためのストックルームがありました。

kasai_1000

 きになるお部屋を発見。住人の集う場所、一つ目はCafe Room。

kasai_58

二つ目はKitchen。

kasai_34

三つ目はLiving Room。特長は全てドアで仕切られていること。

kasai_9

その3つのパブリックスペースの間にはランドリールームや、 

kasai1_29

シャワーとトイレがあります。1Fだけでなく各フロアに水回りは設置されています。

kasai_93

もちろん浴槽も完備。

kasai_41

大人数でも快適に過ごせる広々リビング。

38人と大人数のハウスに見合った広々としたリビング、パーティや普段の交流の場として活用できそうです。デザインも至る所に小さなグリーンが配置され、すっきりした印象を受けます。

kasai_44

自然と人が集まりそうなロングソファ。

kasai_48

キッチンルームは別であるはずですが、ここにもキッチンがありました。

kasai_55

COUVERTUREシリーズには食器が準備されているのです。

kasai_56

パーティーの際活躍しそうなビッグテーブル。

kasai_38

リビングとキッチンまでの動線には仕切りがなく開放的。

kasai_63

贅沢にもキッチンだけの空間を確保。コミュニティの分散と対面キッチンの利便性。

リビングスペースにあるキッチンだけでなく、調理と食事をするためのお部屋がありました。本格的に調理をしたい人や、リビングに大人数人がいる時、限られたスペースでの調理を余儀なくされる心配が少なくなりそうです。I型キッチンの良いところは仕切りがあることで調理中の手元のごちゃつきを仕切り越しの人に見せないようにすることと、コンセントを配置できるため、ミキサーなどの電気を要する調理器具の使い勝手がよくなることです。調理を通してスキルのシェアやレシピをシェアメイトから学べるかもしれません。

kasai_61

キッチンだけでも結構な広さがあります。

kasai_64

作業場の対面には家電製品が揃っています。。

kasai_69

先ほどのコンセントはこちらにあります。 

kasai_70

大きなテレビもあるためここでも十分寛げるでしょう。

kasai_74

キッチンスペースなので煙たくなることを想定してダクトを設置したそうです。

kasai_17

一息つきたい時、落ち着いて作業ができる静かなカフェスペース。

リビング、キッチンに引き続き最後はカフェスペース。コーヒーマシンはもちろん簡易的なキッチンとお湯を沸かすためのケトルなどコーヒーやティーブレイクをするための環境が整った空間。静かに読書を楽しんだり、仕事に集中したい時、リビングでもお部屋でもないサードプレイストしてご活用ください。

kasai_15

明るめのスポットライトと家具に木材を採用しナチュナルで暖かな場所になっています。

kasai_19

カフェスペースではじっくりとテレビ鑑賞ができそうです。

kasai_21

コーヒーマシンでいつでもコーヒーが飲むことができます。

kasai_20

カフェにありそうな一枚板のカウンターテーブル。

kasai_22

本確定に細口ケトルでお湯を温め、ドリップコーヒーを淹れるのもいいでしょう。

kasai_82

お部屋へと続く整えらた住環境。

2Fと3Fフロアは全て居住スペース。そのお部屋をつなぐT字型の廊下には何があるのでしょうか。

kasai_75

先ほどのご紹介した階段を登り上の階へ行きましょう。

kasai_92

居住フロアにはシャワーとバスルーム、トイレと洗面台が一箇所に配置されていました。各フロアにあることで混雑を防げそうですね。

kasai_24

 環境にも優しい仕掛けがこちら。

kasai_1_2

ライトは人感センサー式なので人がいなくなり時間が経つと自動で消えます。

kasai_80

それではお部屋の中を見ていきましょう。

kasai_102

シンプルながら小さな所に施した個性。

お部屋の大きさはほぼすべて同じ。全ての居室にベッド、机と椅子とそして冷蔵庫が揃えられています。家具か電話お持たずとも引越してすぐに生活を始められる体制が整えられているのは嬉しいですよね。また、シンプルなお部屋の中にも個性が出ているお部屋があるとか。

kasai_77

角部屋で道路沿いのお部屋は専用のバルコニー付き。日当たりも良好です。

kasai1_30

水のせせらぎが聞こえるのは正面の公園にある噴水から。手前の木は桜の木とのこと。春には特等席になること間違い無いですね。

kasai_1_4

 違う入居者の扉を閉める音がうるさい!そんなことを見越して全てのドアにドアクローザーを設置。

kasai_1_3

バルコニーが無いお部屋でも部屋干しが容易な室内用ホスクリーンもありました。

kasai_1_7

お部屋ごとに色を出しているのはクローゼットスポットの壁紙。お好きな色は早い者勝ちです。

 
 
いかがでしょうか?今回ご紹介したCouverture西葛西。物件を運営するFOR.Cさんの物件の中でも最大クラスの大型物件にはFOR.Cさんらしさを崩さず大人数で住むシェアライフに適した仕様でのデザインでした。 これだけ大人数のハウスとなるとそれはそれでワイワイと賑やかなのでしょうが、人それぞれ仕事だったり気質だったりその時の状況や気分で目的にあった場所で落ち着つくことができるのがこの物件の最大の特長です。
 
人の集まる”場”を複数形成するのは機能的なメリットのみかと思いましたが、結果的に入居者からすると都合の良い場所を選択することができるため居心地の良さを感じられるという仕掛けになっていることは驚きです。
 
生活の中でハウスの随所に施された気遣いに気が付いた時、このハウスへの愛着も湧くことでしょう。ぜひFOR.Cさんの思いやりを探し出してみてください。
 

/Author:イナミネ

Couverture (クーベルチュール)西葛西
物件詳細Couverture (クーベルチュール)西葛西
エリア 東京都江戸川区西葛西7-
賃料 \54,000 ~ \59,000
アクセス
東京メトロ東西線 西葛西駅 徒歩5分
入居者募集 男性, 女性
CONTACT

関連記事
穏やかで収まり良い住空間。家庭的な住まい。   シェハウスに住む。どんな感覚かというと、家に”いとこ”が入るよう感じがします。兄弟ほど近くはないが親縁関係にある近しい関係。年は変われ...