title_A_resort-palece_5

 海をテーマにしたライフスタイルから得られるモノ。

都心から程よく離れた三浦半島。都内から京急線に乗車して車窓から眺める景色がだんだんと自然で溢れゆくのを感じます。品川から約1時間程度、電車に揺られ辿り着いたのは京急久里浜線、終点三崎口の一つ手前の「三浦海岸」。駅に降り立った瞬間肌で感じ取る南国独特の空気感。ほのかに薫る潮風が心地よい。

そんな大海原を目前とするリゾート地三浦海岸に都内で数十名規模の大型シェアハウスを数多く運営している株式会社シェアデザインさんが新規物件をオープンしました。今回は18世帯と世帯数だけをみると中規模のハウスですが、物件そのものを見る限りとても中規模とは言えないのは間違いありません。三浦海岸駅から海沿いを歩いて10分弱の小高い丘の上、白の塀に囲まれた、いかにも豪邸というべき巨大な建築物が海を望みそこに立っていました。

ハウスの目の前が海。これもまたマリンスポーツを愛する方には刺さるポイントではないでしょうか。サーファーが集まるサーフショップにはそれぞれ独特なコミュニティがありますが、そんな風にシェアハウスそのものがサーフビレッジの様なコミュニティになるのも期待できるかもしれません。海で好きなだけ楽しんだ後はシャワーを浴びて、テラスでBBQをしながら三浦の海の幸をいただくのもここならではの贅沢ですね。海と共に生きるライフスタイルの基盤として”家”というのは外せないものでしょう。そんな物件の全貌は如何なるものでしょうか。

「リゾートパレス三浦海岸」物件詳細はこちら     

   
resortpales_97

浜辺を望む白の巨体。

海辺から一つ小路を抜けたところ、勾配の低い丘を登ると突き当たりに見えてくるのが今回の物件「リゾートパレス三浦海岸」。明らかに周囲の物件とは違うデザイン性豊かなその出で立ちには圧巻されることでしょう。

resortpales_1 

さて、そんなリゾートパレス三浦海岸の最寄り駅は京急久里浜線”三浦海岸駅”から徒歩12分。

resortpales_5 

駅から5分程度歩けば景色が開け視界に浜辺が現れます。

resortpales_3

道も平坦な為、内覧時は駅の隣の京急ストアでレンタルサイクルを利用するのもアリかもしれません。電動自転車が3時間800円でレンタル可能です。

resortpales_7

駅から物件までの道沿いにはサーフショップや海鮮料理屋が立ち並び、海ではマリンスポーツを楽しんでいる人が伺えます。

resortpales_99

玄関へ到着。表札のフォントからどこか懐かしさを感じます。

resortpales_64

シェアハウスの概念を覆すその様はまるでリゾートホテル。

目に飛び込むのはつやつやとした美しい大理石調のフローリング。天井には橙色のダウンライトが散りばめられていることで前の方は暖かな印象を受けます。一方正面はリビングスペースで、エントランスから奥に行くにつれ、窓から差し込む光が青みがかった空間を演出。

resortpales_57

エントランスから右手方面には別のフロアへ続く扉が。

resortpales_60

撮影時はまだ準備段階でしたがここには和食レストランがオープンする予定だそうです。 

resortpales_32

白は大理石。目映い光が照らす気品高き寛ぎの空間。

豪華絢爛というより上品な雰囲気。最大の特徴は吹き抜けの高さ。そして天井から床までを窓にすることによって自然の光だけでここまでの明るさを確保できます。静かで特別な空気感が漂うパブリックスペースは広々とした場所で仕事や作業をしたい時にぴったり。シェアハウスというと若い方向けの印象ですがここはワンランク上の大人のシェアハウスと言うべきでないでしょうか。

resortpales_68

リビングフロアにはシーンに合わせて3つの島を利用可能。

resortpales_73

机に向かい合って椅子が6つ。何か食事をするときはこちらを利用するといいですね。

resortpales_69

ゆったりとくつろぎたいときはソファを利用しましょう。ちなみに奥の壁は本物の大理石。これだけでとんでもない額になるそうです。

resortpales_71

オフィスにあるような一枚ガラスのデスクと座面の低い椅子は打ち合わせ用でしょうか。何かの作業をする際に使いそうです。

resortpales_74

そしてこの空間をゴージャスに仕立てているのが天井から釣り下がるガラス細工のインテリア。 

resortpales_33

自然の恵みを直に感じる。

ここで物件の全貌をご紹介。全3階建ての物件は3階と2階が居室フロア。1階には先ほどご案内したレストラン(左)とリビング(正面)、そして大浴場があります。(右)

resortpales__104

みなさん気になっていることでしょう手前のプールですが、こちらはお飾り。雰囲気だけ楽しみましょう。

resortpales__106

晴れた日にはテラスでのんびりと。物件の正面に木々のカーテンがあることで周囲とは隔てられている様に感じます。ここだけが特別な空間の様に。

resortpales__107

テラスの側の階段は2階の踊り場へとつながります。 

resortpales_87

実はここは三浦海岸で行われる花火大会の特等席。来年の夏は家でBBQをしながら花火を楽しめますね。

resortpales_92

時折上空を舞う鳶の鳴き声や常に心地よく海辺に押し寄せる波の音色が胸に響きます。シーサイドライフの醍醐味の一つなのでしょう。

resortpales_44

これこそ規格外。施設級のバスルームを日常で味わう。

物件の外観からも伺える半円状に飛び出しているスペースがこの大きな大浴場。居室にシャワールームが付いているお部屋もありますがたまには裸の付き合いで大浴場を利用するのも意外に交流の場となるかもしれませんね。

resortpales_45

湯を貼れば立派な浴場。露天とはゆきませんが大きく採られた窓で外の雰囲気も感じ取れます。

resortpales_49

まるで旅館の様な脱衣所。大浴場は曜日によって男女入れ替えるそう。

resortpales_46

そばにはシャワールームがありました。海から上がった後はここで体を流せますね。

resortpales_51

旅館で温泉に入った後の定番がここでも体験できるとは。贅沢です。

resortpales_43

浴室にもトイレがありますが、1階フロアに男女別のトイレも用意されています。

resortpales_11

自慢の景観を独り占め。南国のリゾート気分。

3階の居室にはバルコニーがあり、そこからはオーシャンビューというに相応しい景観が眺められます。マリンスポーツをされる方にとっては毎日、部屋から海の様子を確認できるのは嬉しいですね。風を感じて、波を見つければすぐに海へ繰り出せます。

resortpales__121

この景色、水平線に乗っかる様にうっすらと目視できるのは対岸の房総半島。もくもくと沿岸沿いを這う様な入道雲もまた幻想的です。

resortpales_301

3階居室は和式スタイルのお部屋。写真では分かりにくいですがこのお部屋34㎡と一般のシェアハウスのお部屋の広さだと考えられない広さです。

resortpales_13

 イメージとしては旅館の一室。水回りも完備されています。

resortpales_15

ミニキッチンまで用意されているのでワンルームを借りるのと変わらないスペックです。

resortpales_17

専用の水回りがあるのは女性には嬉しいですね。

resortpales_24

 3階廊下の様子。物件の後側は山なのですが、お昼の太陽が高いうちは十分日が差します。 

resortpales_35

続いて2階のフロアですが、同様に居室があるのと中央にはこじんまりとした広場がありました。

resortpales_203

2階のお部屋でも住むに困らないキャパシティ。ただ、フロアが広すぎで誰がどこに住んでいるのかわからなくなりそうですね。(笑)

いかがでしょうか?一度訪れるとその景観に心躍らされるリゾートパレス三浦海岸。朝早く起きて海に向かって、マリンスポーツを楽しんだ後はそのままシャワーを浴びて仕事をするという生活が毎日楽しめますね。海とライフスタイルと思い浮かべるともちろんマリンアクティビティが活発な楽しいシェアハウスなのかなと思いますが、それとは別にもう一つこの土地でのライフスタイルから得られることがありそうです。
 
三浦の海沿いを歩いていると、都会とは違い無駄なノイズがなく、普段薄くしか感じ取れなかった自然の息吹をそばに感じる気がしました。例えば優しく照りつける太陽のぬくもりや海からただよう磯の香り、鳥や猫などの動物や木々もその一つ。三浦では都会に慣れた鈍った感覚の私でも普段気づかない感覚、人間本来の感覚を取り戻せる様な感覚があった様な気がします。創造性を高めるために自然の元に身を置く良いとも聞きますが、まさにここではそんなクリエイティブな要素を求められる職の方にはうってつけの環境かと思います。
 
シェアハウスの中でも珍しいリゾートタイプの物件では楽しく、心地良い落ち着いた日々を過ごせそうです。「海と共に生きる。」自然から得られる恵みを享受したライフスタイルを過ごしてみてはいかがですか?
 

/Author:イナミネ

リゾートパレス三浦海岸
物件詳細リゾートパレス三浦海岸
エリア 神奈川県三浦市南下浦町
賃料 \34,800 ~ \59,800
アクセス
京急久里浜線 三浦海岸駅
入居者募集 男性, 女性
CONTACT

関連記事
文化が続く街、国分寺にて始まる新しい欧風暮らし 時を遡ること1300年、奈良時代に時の聖武天皇が建立を命じたという国分寺。仏教寺院の中では当時最大規模を誇っていたほどに、この地は神聖...
シンプルな暮らしの中で、様々な「色」との共存。 虹の色は何色あるのか?恐らく、日本人の私たちなら口を揃えて「7色」と言うでしょう。しかし世界的に見ても虹を7色と認識するのは、そこま...
豪勢な環境!経験を分かち合う幸せ 近年駅の再開発により大型ショッピングセンターもでき、おしゃれなカフェレストランなどがあることでデートスポットとしても注目を浴びているたまプラーザ...