title_kizunaya_B_3

それはアート。人が住んで仕上がるストーリー。

目まぐるしく形態を変えてゆくシェアハウス。居住こそが住むことの目的では無くなってきた今、そして技術の進歩によって進化し続けるオフラインでのコミュニケーションは逆にオフラインでのコミュニケーションから生まれる人と人とのダイレクトな関わりを希薄にしてしまったようにも思えます。

今回ご紹介するシェアハウスを運営するのは株式会社絆人さん。都内有数のシェアハウスを運営されている絆人さんはシェアハウスの中を第二の家族として考え、暖かく、優しいコミュニティを作りたいという思いの元、ハウスを運営されているそうです。そんな絆人さんが東京東部、東京メトロ東西線葛西駅を最寄りとする立地に新たにシェアハウスをプロデュース。4階立て男女16人規模の戸建てのハウスは外観から一味違います。ハウスコンセプトは”絵本の中のシェアハウス”。

外観から内装までを一つの”キャンバス”として捉え、壁画アートが施されているハウス全体が一つ物語となっているシェアハウスです。ハウスの製作に携わるのは絆家スタッフと姉妹ハウスに住む入居者で行ったとのこと。メンバーの中には絵本作家の方がおり、その方を中心にみんなで書き上げたそうです。

さて、ハウスの中には一体どのような物語が描かれているのでしょうか?絵本の世界へ行ってみましょう!

「絆家シェアハウス-canvas-」物件詳細はこちら    

   
canvas_51

住宅街に建つ真っ白で大きなキャンバス。

ハウス自体が大きなキャンバスとなった今回の物件。中だけでなく外観にまでハウスの雰囲気を醸し出す絵画アートが施されていました。大樹と共に描かれているのはこの物語の主人公うさぎの「ラビィ」。絵本の中の物語はラビィの仲間探しの冒険から始まります。

canvas_1

正面の壁面を描いている最中は小学生が立ち止まってこちらを興味深そうに伺っていたらしいです。そりゃ気になりますよね。

canvas_11

向かって左の扉は1回居室部へ。右側は2,3,4階へと続く玄関となります。両者は小さな扉で行き来することができます。

canvas_68

こちらは1回居室部。右側のドアを開けると隣の玄関に移ることができます。なにやらFORESTと書かれているようですが、

canvas_7

1階居室部は男女別々のドミトリーがあります。

canvas_9

もちろん個室もご用意。

canvas_57

先ほどのFORESTの意味がわかりました。1階から2階にかけては森のエリア。ラビィの冒険はここから始まります。

canvas_66

芝生を思わす階段の仕様に驚きました。DIYで様々な素材を用いた空間作りがまた手作りの温かみを感じます。

canvas_62

ラビィは森でたくさんの仲間を見つけました。

canvas_52

”今”の物語を描くのはここに集う住人達。

絵本の物語ではここはラビィのお家。冒険によって出会った仲間達と仲良く暮らす場となります。まるでシェアハウスのようですね。実際に入居者同士が関わり様々なストーリーが生まれることでしょう。

canvas_47 

2つの寛ぎスペースのフローリングは全てカーペットで、ゴロンと寝っ転がれるようになっています。

canvas_53

おやおや、絵本の中から飛び出してきたのでしょうか?動物を模したクッションが愛らしいです。

canvas_48

ラヴィは恥ずかしがり屋なクマさんを仲間に入れようと話しかけているようです。隠れているクマさんを見つけられますか? 

canvas_56

一瞬「むっ??」となってしまうのがこちらのラビィ。3Dアートで実際にそこにいるようです。

canvas_55

 家庭的なキッチンは決して豪華なものではありませんが使い勝手の良さそうなベーシックタイプ

canvas_64

さて、再びラビィの冒険に戻りましょう森の世界はここまで。赤い扉の先は別世界です。

canvas_31

ドアを開けると「カランカラン〜」と水玉を思わす装飾と一緒に広がる青の世界。そうお次は海です。

canvas_29

ラビィは仲間を探して海の中へ。

canvas_22

階段をタイル調にするだけで海っぽさがでますね。

canvas_25

3階フロアも居室部です。ここは個室のみ。海の世界ですが比較的明るめな配色の南国を感じる空間。

canvas_26

そして浴槽もありました。よく見るとラビィが素潜りをしていますよ。

canvas_202

それぞれ異なる居室タイプ。あなたはどちらを選びますか?

1階フロアのドミトリーでリーズナブルにワイワイ暮らすのか、プライベートの時間を大切にするのかそれぞれ個性と特性のあるお部屋をお選びできます。

canvas_201 

洋室タイプのお部屋だけでなく畳の香りが落ち着く和室もありました。2面の窓から取り入れる採光は抜群です。

canvas_102

女性専用のドミトリーはこのような雰囲気。女の子らしくて可愛らしいですね。

canvas_39

海でたくさんの仲間を見つけ楽しい時間を過ごしたラビィは次の世界へ旅立ちます。

canvas_18_1

ガチャ。とドアを開けるとパステルカラーの柔らかい印象の空間へ。 

canvas_40

今度は空の世界。ラビィは風船とバスケットで作った気球で雲の上を目指します。

canvas_42

ちょっと急な階段を上がった先、物語の中でもちょうど天空までたどり着いたようです。

canvas_18_2

4階は物件の最上部。一番空に近くストーリーとリンクしているようですね。

canvas_18_3

居室部以外にはトイレと簡単な調理に向いているミニキッチンがありました。ちょっとしたことで下まで降りる機会を減らせそうです。

canvas_401

2名入居も可能。最上階から見下ろす眺め。

他の階のお部屋と違うのはこの広さと窓からの眺め。canvasより大きな建物は周辺にはないので抜群のビューイングです。そしてこのお部屋は2名入居可能とのこと。

canvas_402

またお部屋は2室しかないため贅沢な間取りが実現しています。

canvas_12

葛西の町は高い建物が目立たず住宅地が集中している静かな街なのが分かります。 

いかがでしょうか?まさに絵本の中に紛れ込んだかのような空間を演出しているのはこの物件の最大の特徴です。主人公のラビィと同じ目線でストーリーに沿って導線立てられているのが、絵本の世界に紛れ込んだかのような感覚を感じる要因なのかもしれません。

また、絆家の特徴として定期的にイベントがあることもまた魅力の一つ。新しくオープンした絆家シェアハウス-canvas-でもきっと賑やかな日常が期待できることでしょう。物語は主人公のラビィが仲間を探しに森、海、空を冒険し、最終的にみんなでラビィの家で仲良く暮らすというもの。ラビィの仲間たちのように各地からそれぞれ多様な方が集まり楽しくワイワイ暮らせると絵本の物語通りの生活になりますね。物語は絵本の中で完結するものでは無く、そこに人が住むことによって常に新しいストーリーが生み出されていくことでしょう。大きなキャンバスに彩りを加えるのはあなたも例外ではありません。

canvasの物語を紡ぐ一員にあなたもなりませんか?

/Author:イナミネ 

絆家シェアハウス-canvas- 葛西
物件詳細絆家シェアハウス-canvas- 葛西
エリア 東京都江戸川区東葛西1丁目36-9
賃料 \30,000 ~ \55,000
アクセス
東京メトロ東西線 葛西駅
入居者募集 男性, 女性
CONTACT

関連記事
シェアハウス内での学びある生活 世界に様々な人がいるよう、シェアハウスでは色々な人が集まります。社会人から学生まで年齢も違えば、それぞれ異なるバックグラウンドも持っている。そんな...
住むにマナビとアソビを加えると。 今考えてみると小学生時代というのはスポンジのように外部から得た知識を吸収する学びの黄金期だったように思えます。大学とはもちろん異なり大人になるた...