title_mk66court_4B

アメリカンポップカルチャーの源流

アメリカ文化の発祥の地としても名高いROUTE66をご存知でしょうか?

1926年に創設されたROUTE66はアメリカを横断する全長3755㎞で人や物資を運ぶための主要道路です。道中には自然遺産のグランドキャニオンなどアメリカの景観を楽しめるドライブロードとしても有名です。時代の流れとともに高速道路などのインフラの発達によって廃れてしまいましたが、今現在でも数々の映画や音楽にも登場するROUTE66にはアメリカ独自の魅力やアイデンティティが色濃く、そこにあるのからではないでしょうか。

今回ご紹介するシェアハウスはオーナーさんがROUTE66をこよなく愛しご趣味で何度も現地へ足を運び、その度に日本に持ち帰ってきた数々のコレクションをシェアハウスに集めたROUTE66を思わすアメリカンオールドを表現している個性際立つシェアハウスです。 場所は東京都西部、中央線沿いに立地する国立。学校が多く集まる文教地区で物件に向かう道中は下校する児童や生徒が多く見受けられ、ご家族で住まれている方がきっと多いのだろうなとの印象を受けました。国立駅から新宿駅までは乗り換えなしで26分。都心でお勤めの方でも通勤可能かと思いいます。最寄りのJR中央線国立駅までは少々歩くものの、駅までのバス停が目の前にあるのでこちらを利用すると駅までのアクセスも気にならなそう。

さて、今回はどのようなシェアハウスなのでしょうか?それでは見ていきましょう!

「MK66COURT」物件詳細はこちら 

   
kunitachi_22

突如として現れ、異国情緒溢れる存在感を放つ。

ハウスはJR国立駅から一橋大学がキャンパスを構える住宅街を通り抜けた通りに面しており、周辺は一般的な住宅街で住み心地が良さそう。その存在感は通りがかりの通行人が思わずスマートフォンをかざしてしまうほど。

kunitachi_report_34

こちらがハウスへの入り口。モノがひしめくように配置されています。 

kunitachi_report_35

建物は2階建で1階はバー風のレストラン。居室部は2階に配置されています。ちなみにレストランはオーナーさんの運営でコンセプトがハウスと一貫としています。

kunitachi_report_31

ハウスへ続く青い扉を開けると2階へと続く階段が。 

kunitachi_report_28

扉にはハウス名になっているROUTE66の表記がありました。 

kunitachi_report_25

ハウス内のスペースは広めの居室が大半を占めています。 

kunitachi_29

小物で彩る大人の趣味空間

お部屋はすでに様々なインテリアコレクションと家具が備え付けなのでスーツケースさえ持ってこれば暮らすことが可能です。一人にしては十分な広さを確保しているのでお部屋をSOHO型としても利用ができそう。

kunitachi_Y

こちらのお部屋は真ん中を仕切りで区切れば2名での入居も可能です。 

kunitachi_report_5

お部屋に飾られているのはオールドアメリカを思わすものばかり。 

kunitachi_1

デスクの隣のカーテンの奥のスペースは意外に広いスペースがあり、ここにスーツケースなどが収納できます。

kunitachi_12

先ほどの区切りをつければ2名入居が可能なお部屋の奥側。窓からの採光は抜群です。 

kunitachi_10

入り口側のお部屋。上部にはレンガ調の壁紙が施されている収納スペースが。なかなかの容量がありました。 

kunitachi_9

このような小物が空間を創り出すのでしょう。 

kunitachi_report_21

ジーンズブランドとして歴史あるメーカーEDWINの看板が壁一面に。こんなものは一体どこに行けば手に入るのでしょうか。

kunitachi_report_4

お部屋の目が行きにくいところにもレトロチックなものが。だいぶ昔のコカコーラ缶です。

kunitachi_report_1

このお部屋は窓を出れば共有のテラスへと繋がっています。そこからは屋上へも行くことができます。 

kunitachi_report_3

マリリンモンローの大きなポートレイト。

kunitachi_14

4人規模のシェアハウスでのこのぐらいの大きさでも問題ありません。

 
kunitachi_25

希少なコレクションに囲まれて。

シェアハウスの下の階、1階部はレストランになっており、間接照明を用いた薄暗さの中、数多くのアメリカンアンティークが雰囲気を創り出す。 

kunitachi_50

ROUTE66好きにとってはたまらない空間ですね。ここが集いの場となるかも。

kunitachi_report_41

壁にクラシックカーのポスターが多く飾られているのはオーナーさんのご趣味の表れです。

kunitachi_report_39

アメリカンな空間の中に自然と溶け込んでいたのはなぜか一升瓶。意外な組み合わせです。 

kunitachi_report_16

アメリカの募兵ポスター「I WANT YOU」でみたあの方が。名前はアンクル・サムというらしいですよ。

kunitachi_report_42

もちろんアメリカの先住民族インディアンをかたどったミニチュアアイテムも数多く展示されています。 

いかがでしょうか?今回ご紹介したシェアハウスはアジアンハイウェイさんの運営されるMK66COURT。2階がシェアハウスでしたが1階のお店も統一して同じコンセプトなのでオーナーさんと同じくROUTE66好きの方が入居されるとても楽しい時間を過ごせるのではないでしょうか。

ちなみにお店に置いてある数々のコレクションは入居されていない方でもお店のオーナーさんに相談すれば購入が可能ですので是非お店へ足を運んでみてください。また、シェアハウスの住民の方は消費税分のサービスがあるのでお得ですよ!日本にいながらROUTE66の世界観を体感することができるシェアハウス。シェアハウスの中でも際立って個性を放っている数少ない物件です。

趣味や嗜好は人とシェアすることでより喜びや楽しみが増大すると思います。アメリカの歴史や雰囲気、実際に何度も訪れているオーナーさんからはとても興味深いお話が聞けるかと。好きなものに囲まれ、「好き」をシェアする生活をしてみてはいかがですか?

/Author:イナミネ

 

MK66COURT
物件詳細MK66COURT
エリア 東京都国立市東4-3-10 mk 66 court 2F
賃料 \60,000 ~ \60,000
アクセス
中央線 国立駅 徒歩15分
南武線 谷保駅 徒歩15分
入居者募集
CONTACT

関連記事
四季折々の風景が楽しめる宮前平 今回ご紹介するのは、2017年2月にオープンした全25世帯の新築シェアハウス。シェアハウス専用に設計された建物と、充実した共用部が魅力的な「宮前平テラス」...
忙しなく過ぎ行く日々の中にも少しのゆとりを 年末年始、みなさんはどう過ごされたでしょうか?旅行へ行ったり、実家へ帰省したり、中にはまとまった休みもなく、ずっと働いていたという方も...
ただ静かに、時を感じる モノが供給多過となっている現代ではより一層ホンモノの価値が高まる気がします。 例えば時間を越え、淘汰されずに愛され続けているアンティーク家具も同じ要素があ...