title_couverture_itabashi_1A

穏やかで収まり良い住空間。家庭的な住まい。

  シェハウスに住む。どんな感覚かというと、家に”いとこ”が入るよう感じがします。兄弟ほど近くはないが親縁関係にある近しい関係。年は変われど、対等に接することができる”いとこ”と遊ぶのはとても楽しかった。

一つ屋根の下、部屋は違えど同じ家。家に帰ってくると「おかえり」と声が聞こえるのでしょう。そんな密な関係が14世帯の規模感からは得られるのではないでしょうか。

都営三田線 本蓮沼駅から徒歩8分の立地。水道橋まで17分、オフィス街として開発の進む大手町は22分と都市へのアクセスも程よい距離。物件の近くには地元の温泉がいくつかあり、昔ながらの空に高く立つ煙突のある銭湯の光景は趣を感じます。備え付けのレンタルサイクルにまたがり、ひとっ風呂浴びてくるのも楽しいかもしれませんね。

それでは物件の詳細を見ていきましょう!!

「Couverture板橋」物件詳細はこちら         

   
031coobeltule-itabashi(livingroom)

地下とは思えない明るい仕様の共有スペース

1階の廊下から地下へと続く階段を降ると現れるリビングは全体的に明るい印象。ホワイトウッドなどの明るめの家具も空間演出に一役買っています。

022coobeltule-itabashi(livingroom) 

壁に取り付けられた大型テレビを見ながらみんなで晩食を楽しむ生活ができるのでしょう。 

023coobeltule-itabashi(livingroom) 

フロアはすべて木材のフローリングの仕様。馴染み深さを感じるのは木材の持つ性質なのでしょうか。 

001coobeltule-itabashi(livingroom)

ホワイトウッドとの相性が良い観葉植物。癒されますね。 

033coobeltule-itabashi(outlook)

物件は車の通りが多い道から離れた住宅街。近くに学校があり、チャイムの音がどこか懐かしさを感じます。 

034coobeltule-itabashi(post)

全14室の物件。コミュニティを大事にするならちょうど良いかと。 

DSC_0177

玄関には物件名にもなっているCouvertureの文字がおしゃれに。 

032coobeltule-itabashi(livingroom)

こういった小さなものが空間を作り出す大事な役目を担っているのですね。 

021coobeltule-itabashi(kitchen)

キッチンは小さすぎず、大きすぎない使い勝手の良いスケール。 

030coobeltule-itabashi(kitchen)

シンクの内部には生活に必要な食器を完備。 

026coobeltule-itabashi(kitchen)

家電製品も充実したラインナップ。入居して家電を買いそろえる必要はありません。 

027coobeltule-itabashi(kitchen)

火災につながる心配のない3口IHホットプレート。

002coobeltule-itabashi(room201)

スタイリッシュな居住空間にこだわりの機能性を追加

居室の特徴は生活に合わせた設計がされているため、そこにあってほしい!というところにコンセントがあるなど入居者に快適に過ごしてもらいたいという運営者様の思いが詰まっています。 

007coobeltule-itabashi(room207)

ハンガールームの壁紙は居室ごと異なる個性的なデザインとなっています。 

011coobeltule-itabashi(room104)

お部屋には冷蔵庫も!わざわざ下の階まで降りる必要はありませんね。 

008coobeltule-itabashi(room101)

3階の居室は採光がよく、部屋干しでも問題なさそうです。 

002coobeltule-itabashi(room201)

ベットの下には収納スペースとなるボックスを装備 

USBポート

ベットのそばにはコンセントとUSBポートが。ベットでスマートフォンを充電できたら良いだろうという配慮から取り付けたそうです。 

016coobeltule-itabashi(room001)

ドミトリーよりもプライベート性を確保。新感覚の”ペアルーム” 

通常のドミトリーとは違い、寝室を壁で隔てることによって個人のスペースを得ることができました。

DSC_2552

一見カプセルホテルのようですが、意外にも幅があり天井も圧迫感のない程度なので寝室はドミトリーながら自分のお部屋のよう。 

00couverture-itabashi(pairoom)

壁には明るめの照明とシェルフを設置。この空間は自分でコーティネートが可能。 

今回ご紹介した「Couverture板橋」を運営管理するのは、株式会社FOR.Cさん。新たにオープンしたCouvertureシリーズ。 コンセプトのCouvertureとはフランス語で「カバー(覆い」を意味するそうで、製菓の仕上げに用いる上質なコーティングチョコレート、 クーベルチュール・チョコレートが由来とのこと。 そんな上品なチョコレートを口にした時のような、ふんわりとした幸福感を日常で感じられるようなシェアハウスを提供されています。

帰ってくる場所がある。それは実家を出たり、一人暮らしをするとより感じやすく、居場所に対し感謝の気持ちを抱けます。 帰ってきたら誰かがそこにいて、声をかけてくれる毎日はとても幸福な日々ではないでしょうか。

シェアハウスに住むということ。それはきっと家族のようにあなたの生活の一部になることでしょう。

                                                     /Author:イナミネ

Couverture板橋
物件詳細Couverture板橋
エリア 東京都板橋区泉町
賃料 \35,000 ~ \48,000
アクセス
都営三田線 本蓮沼駅 徒歩8分
入居者募集 男性, 女性
CONTACT

関連記事
喧噪を離れて、自分らしく生きる。都の風は、すぐそこに。 下町っぽい風情を残しつつ、自由でまったりとした空気感を持つ、高円寺。それでいて、新宿に程近く、渋谷や池袋へは20分弱でアクセ...
 海をテーマにしたライフスタイルから得られるモノ。 都心から程よく離れた三浦半島。都内から京急線に乗車して車窓から眺める景色がだんだんと自然で溢れゆくのを感じます。品川から約1時間...
身も心も真っ新にしてくれる、そんな空間!「シェアヴィ大山」 建物全体がホワイトカラーで統一された内装。 そんな白色の空間に身を置くと、心まで真っ新になるのはなんだか不思議です。色...