下町風情を感じる花の街に相交わる現代的な居住空間

今回の舞台は、江戸時代の下町文化発祥の地「浅草」。

数多くの由緒ある店舗が軒を連ね、多くの落語家や役者、漫才師といった文化人を世に輩出し、戦前から食・文化・芸能が栄える街として、今や外国人からも人気の高い観光地となっています。

そんな歴史情緒溢れる浅草の街で軒を連ねる多くの建物は、この地を訪れる人たちに向けて、視覚的にもその地の歴史を感じ取ることのできる景観のものばかりが建ち並んでいます。

日常的に数多くのシェアハウスを訪問していると、その地域の風土に根ざした色や雰囲気をハウスの内装デザインであったり、コンセプトのアイディアとして用いられることが多いのですが、今回ご紹介するシェアハウスは、古き良き街にありながらも、住み心地を重視したモダンライフが実現できる場所となっています。

場所は、東武伊勢崎線、東京メトロ銀座線、都営浅草線「浅草」駅から徒歩5分の立地。通勤・通学などで都心に出る際も利便性が高く、東京メトロ銀座線を使えば、浅草が始発駅となっているため、席に座りながら、渋谷へ出ることもできます。

居住性、利便性、街の魅力。全てにおいてレベルが高く、多くの人に知ってもらたいな、と純粋に思うシェアハウスです。

それでは早速、ハウスの中を見ていきましょう!! 

「FRAME house 浅草」物件詳細はこちら

   

浅草の伝法院通りを抜けてすぐの立地。風情漂う町並みと賑わいをみせる商店街が来訪者を魅了する

建物1階には、居酒屋さんの店舗が入っており、いかにも下町らしい光景の中に、異彩を放つサインが目に留まります。階段を上がった2階が入居者の居住空間となっています。 

有名な浅草寺までは、ハウスから歩いて1分程度。数多くの露店が軒を連ねる仲見世通りは、連日観光客で賑わいを見せます。 

季節ごとに伝統行事や催し物も行われ、今も昔も変わらぬ人気の観光地となっています。 

外観とエントランスの様子。外見と中身のギャップはありますが、重要なのは暮らしやすい空間か否か。 

玄関を上がって、真正面がシューズボックスの並ぶスペースとなります。 

建物内の階段も高級感漂う趣あるデザインに。 

無垢材のカウンターテーブルが施されたアイランドキッチンで、コミュニケーションを楽しむ

靴を脱ぎ、エントランスを上がった先に、縦に長く伸びるラウンジが広がります。手前がキッチン&ダイニングとなり、奥がゆったりと寛ぐことのできるリビングとなっています。 

フラットなアイランドキッチンはキッチン側とカウンター側で対面式となっており、自然と交流が生まれる仕様に。 

奥のリビングスペースは、座り心地の良いソファが配置され、ゆったりと寛ぐことのできる空間に。 

IHクッキングヒーターは、料理初心者でも安心して調理することができます。  

リビングの上部にはプロジェクターが設置され、対面する真っ白な壁に映像を投影すれば、そこはまるでミニシアター。 

シンプルなデザインの中にも、質感の良さが映える上質なコモンスペースとなっています。 

ライトアップされた浅草寺とスカイツリーも一望できる屋上テラス。夏は隅田川花火大会の特等席に

建物の最上階へ上がると、人工芝とウッドデッキが敷かれた都会の屋上テラスのお出ましです。とても広々としており、天気の良い日はこの場所でBBQをすることも可能です。 

使い方は無限大。シェアハウスだからこそ実現できる暮らしもあるわけで、たくさんの思い出が生まれる場所になるのかも。 

季節ごとに表情を変える浅草の街を臨み、夜にはライトアップされた夜景を独り占め。何とも贅沢ですね。

充実した水回り設備。落ち着いた大人の雰囲気漂う仕上がり

洗面台の土台も無垢材が使用され、品質の良さが際立ちます。朝の眠気を緩やかに取り除くような落ち着いた配色は、居心地の良い空間作りには必須ですよね。

洗濯機はドラム式のが、最上階に設置されています。天気が良い日は、そのまま屋上で外干しもできます。 

女性専用のパウダールームも用意されているため、寝起きでも安心して身支度をすることができます。 

大きな窓からの採光、防音仕様のドアと壁。しっかりと造り込まれた個室で、一人の時間も堪能する

個室も居住性を高めた空間が用意され、ゆとりある広さと採光、防音性の高い仕様となっています(402号室の様子)。 

4階は女性専用となっているため、シェアハウスに初めて入居する女性の方でも、安心して新しい生活を始めることができます。 

4階には、それぞれのお部屋から出ることのできるベランダが用意されています。 

301号室の様子。備え付けの設備はベッド、冷蔵庫となっています。 

303号室の様子。 

収納も2タイプのものが用意され、301、401号室は画面左のタイプ。その他のお部屋は画面右のタイプとなっています。 

 

こちらのシェアハウスを運営するのは、有限会社FRAMEさん。元々はインテリアデザイン事務所として、数々の物件を手掛け、そこで培ったノウハウをシェアハウスに応用されているようです。

注目すべきは、自社で設計・施工・運営・管理までを一貫して行っているということ。ハード面、ソフト面どちらにおいても、安心して身を置くことができるのは、入居される方にとっても、とても心強いのではないでしょうか。

運営者さんも日本人の方が住空間をシェアする上で、ストレスの負担を極力なくすように、しっかりと造り込んだと仰っていたので、その良質な空間を一度足を運んで感じて頂けたらな、と思います。

厳しい寒さの冬を乗り越え、暖かな春を迎えれば、浅草寺の例大祭でもある「三社祭」(毎年5月に開催)も自ずと近づいてきます。

今年は歴史ある街の伝統的なお祭りに参加したり、落語や歌舞伎などの文化・芸能に触れ、改めて日本の文化や歴史の魅力を再発見してみるのも面白いのかもしれませんね。

/Author: カガワ

 

FRAME house 浅草
物件詳細FRAME house 浅草
エリア 台東区浅草1丁目
賃料 \73,000 ~ \88,000
アクセス
東武伊勢崎線 浅草駅 徒歩5分
東京メトロ銀座線 浅草駅 徒歩5分
入居者募集 男性, 女性, 外国人対応不可
CONTACT

関連記事
人気エリアで過ごすシェアライフ  今回ご紹介するのは、小田急線「豪徳寺」駅にある女性専用シェアハウス「LAFESTA豪徳寺」。 こちらのハウスは、暮らしたい街NO1に選ばれることもある東...
「遊び心がいっぱい詰まったシェアハウス」 読売ランド駅から徒歩15分という距離ではありますが、施設内には一人暮らしでは味わえない充実した設備を備えたシェアハウスが神奈川県川崎市に...
自分の居場所を探しながら、歩いてみる。マイペースで。 先日、本屋にふらりと入って手にした本の中で、世界最高の経営者はスティーブ・ジョブスでも、ウォルト・ディズニーでもなく、マザー...