1月19日(土)より見学会がスタート、いよいよ始まるハイグレードなシェアする暮らし

年が明け、来たる2014年。いよいよ引っ越しシーズンの到来となりましたね。

今年は2月にソチ五輪、6月にはブラジルW杯など、国民的スポーツイベントが盛りだくさんで、個人的には既にワクワクしているのですが、そんな年だからこそ、心機一転、居を移し、新しい生活を送りたいと思っている方も多いのではないでしょうか!?

そこで今回ご紹介させて頂くのは、東京メトロ東西線、JR総武線、武蔵野線「西船橋」駅より徒歩12分の間もなくオープンを迎える全85戸の大型シェアハウス「シェアリーフ西船橋 GRACENOTE」。 

最寄りの西船橋駅は、都心へのアクセスも良く、大手町まで22分、東京まで28分、渋谷、新宿まで40分弱と、ビジネスマンにもオススメの立地となっています。また、始発列車も多く運行するため、席に座りながら通勤・通学することも夢ではありません。

大規模な共用部は、ハイグレードな内装で仕上げられ、他では味わえない高品質な暮らしが実現できるとのことです。その他にも、音楽を通じて交流を深めることのできる仕組みもたくさんあるそうなので、音楽好きな方にとっては、これ以上ない場所なのかもしれませんね。

それでは早速、ハウス内の設備をご紹介していきたいと思います!!

「シェアリーフ西船橋 GRACENOTE」物件詳細はこちら

   

共用部のインテリアコンセプトは、「アーバンスタイリッシュ」。くつろぎと安らぎを感じられる空間

建物1階は、吹き抜けのあるエントランスホールから連続したリビング・ダイニング(約74畳)、キッチン(約49畳)、多目的室(約53畳)を設置。また、共用部は週5日の定期清掃が入るため、常に清潔さが保たれるのだとか。

ダイニングの隣にあるキッチンにはお洒落なバーカウンターが設置されるそうで、自然と交流が生まれるようなつくりとなるそうです。 

2階ラウンジには、自分の好きなアーティストのCDや、自己制作したCD等を展示できるキャラクターボードを設置。 その場で視聴したり、入居者同士でシェアすることでコミュニケーションを促進します。

建物外観のイメージ図。元々は研修施設だった鉄筋コンクリートの建物を丸ごとリノベーションされるそうです。 

ゆったりとしたソファーとトップライトが開放感ある空間を演出し、静かに読書や談話を楽しむことができます。また、屋上テラスと直接行き来が可能で、気分転換に最適です。 

多目的ルームには、入居者パーティや各種イベント、演奏会も可能な簡易ステージを設け、スポーツ観戦などを大勢で楽しめるプロジェクタが実装されるそうです。 

3室の本格的な音楽スタジオを設置。個人練習から複数人でのグループセッションまで対応可

部屋タイプは大中小の3種類で、個人練習から本格的なバンド練習まで、幅広い利用方法に対応できます。利用方法については、インターネット上での予約制を予定しているとのこと。 

スタジオは、㈱ヤマハミュージックリテイリング施工による完全防音スタジオであるため、外への音漏れの心配もなく、入居者同士で気軽に音楽活動を楽しむことができます。 

各スタジオには、ミキサー、スピーカー、ドラム、ピアノなどを完備し、無料で利用可能なのだとか。

Marshallのスピーカーも、スタジオがあるからこそ利用できる大型サイズ。  

キーボードも無料で利用することができます。 

音楽が趣味、もしくは本格的に歌や楽器の練習をしたい方にはこれ以上ない設備ですよね。 

個室の広さは9畳がスタンダード。広々としたお部屋でプライベートな空間もしっかり確保

シェアハウスは比較的個室が狭く、そこがネックで、転居を躊躇っていた方でも、スタンダードの広さが9畳もあれば、問題ないですよね。多少荷物が多くてもご安心ください。 

中には、広さが15畳以上の個室もあり、ちょっと贅沢な使い方もできたりします。 

こちらはモデルルームの様子ですが、住む人によって様々な特徴のお部屋に仕上がるのでしょうね。 

個室はカードリーダーによるセキュリティ。 

こちらは落ち着いた配色に仕上がったモデルルームの様子。 

個室のインテリアコーディネートも一つの楽しみになるのかと。 

 

現在、着々と建物工事も進み、完成へと近づいているわけですが、入居開始は3月を予定しているとのことです。

現在、物件の内覧のお問い合わせやお申し込みなども絶賛受付中とのことなので、ご興味のある方は是非お気軽にお問い合わせしてみてください。

上記でご紹介させて頂いたハウスの特徴の他にも、一人暮らしでは決して味わえないようなたくさんの魅力溢れる住まいとなるようなので、今後もサイト上では進捗状況を追って、ご紹介していきたいと思っています。

是非ご期待ください!

/Author: カガワ

 

関連記事
ガーリーというよりスマート ここ最近、女性専用シェアハウスを多く取材させて頂いているせいなのか、女性専用ばかりが急激に増えていると錯覚してしまいがちなのですが、確実にパイが増えて...
旅はまだまだ続く・・・ 大学生の作るWebマガジン「TENITORU」を運営している学生団体Urbanと東京シェアハウスのコラボ企画、「シェアハウスバスツアー」レポート第二弾! 前回は、「スポ...
上質なデザインとこだわり抜かれたモノに囲まれた暮らしで、創造性豊かな毎日を 新しいモノ・コトが生まれる暮らし。筆者自身、これまで数多くのシェアハウスを訪問してきた中で、実際に入居...