大宮にある、女の子の為のシェアハウス。

今回、お邪魔したのは、大宮にある女性専用シェアハウス、「シェアハウスティンク」。女性の運営者が利益よりも、住居人が楽しく暮らせることを優先したハウスということもあって、「女の子の、女の子による、女の子のためのシェアハウス」というくらい、女性が楽しく集まって暮らせるような雰囲気。知人の建築家がコーディネートしたという、住居人みんなが集うことができる大きなリビングや、ガーリーで可愛い洗面所の鏡にバスタブ。大宮にある、ガールズトークで溢れそうな、女の子の為のシェアハウス。

「シェアティンク 大宮」物件詳細はこちら

Lounge

知人の建築家がトータルコーディネートしたという、1Fにあるリビングスペース、本当に広々としたソファに、ダイニングテーブルがあって、住居人同士が自然と集まることは、間違いなさそうです。

Washstand

こちらは1Fのハウス中央にある洗面所。女の子の共同生活を我慢しないようにと、可愛い鏡と洗面所が4つも並んでいます。毎朝髪を乾かしながら、会話が弾むなんてこともきっとあるんでしょうね。

   

外観の様子。薄紫色の側面です。

玄関入ってすぐ横には、個別のポスト。

赤と白でかわいらしく演出されています。

玄関を入ると、広々とした廊下があります。

靴の多い女性にとって嬉しい大容量の靴箱です。

リビング側からの廊下の様子。写真左手の扉の向こうがバスルームになっています。

脱衣所には、洗濯機があります。

広々としたお風呂。腰掛けることも出来るくらいです。

廊下の洗面所は、同時に何名も使用できます。

ちょうどハロウィンを迎える季節なので。

トイレもピンク色。

廊下の電気はシャンデリアでした。豪勢です。

リビング、ダイニングの様子。家具は全体的に黒色で統一されています。

ダイニングテーブルの様子。

住人同士の連絡ノートも、可愛いピンク。

キッチンの様子。

3口電気コンロです。

食器棚にはワイングラスが並んでいました。

キッチンとダイニングの間にはロッカーと加湿器がありました。

個人別にロッカーが用意されています。

キッチン家電も一通り揃っています。こちらは電子レンジ。

テレビの前には、テーブルとソファがありました。

リビングの一角。華やかなログマット。

なんとカーテンは、オーナーさんの手作りです。

スケルトンの天井なので、天井高が高く、開放感がありました。

照明ひとつひとつがとても可愛いです。

2Fへと移ります。踊り場には大きい窓があり、明るさバツグンです。

2F個室の様子。

備品のデスク・チェアーも黒とピンクでまとまっています。

こちらのカーテンも、オーナーさんの手作りです。

ドミトリーの一部の様子。まだこれから住まれる住人さんと配置を決めていかれるようです。

間接照明もオシャレ。

ハンガーラックも付いています。

3Fの洗面所の様子。

3Fの洗面所には、観葉植物もあり、落ち着く雰囲気がありました。

夢に向かって日々頑張っている人たちを応援する、運営者さん。

 

大宮は新幹線、在来線が乗り入れていて、本当に利便性の高い街ですし、駅周辺も非常に栄えていますから、都内よりも「大宮」に住みたい!という人もきっと多いのではないでしょうか。シェアハウスの数が増えているといっても、まだまだ大宮には、シェアハウスの数も少ないでしょうし、シェアティンクさんのお話を伺っていると、「利益よりも、まず快適な暮らしを住居人の方々に」というスタンスのようですので、共同生活といっても、通常のシェアハウスよりも、広々とした空間が使用できるように思います。内装は本当に女性の為のといった雰囲気に仕上がっていますので、女の子が集まって、女の子だけの色んな時間を過ごせて頂けると良いなぁと小思います。おすすめは、やっぱり大宮という立地。さいたまで通勤・通学している女性、またはさいたまだけではなく、都内と茨城、群馬、栃木など遠方にも通う必要ある人にとっては、セカンドハウス的な使用も可能になるのではないかな、と思いました。頑張っている若者を応援したいという運営者さんは、色んな相談ににものってくれそうでしたよ。

/Author:moriyama

関連記事
六本木、乃木坂、赤坂の真ん中で。:心家 赤坂まそお 住むことを憧れた街、ありませんか。  例えば、大使館やインターナショナルスクールが立ち並ぶ国際色豊かな街。 起業家に、デザ...
島暮らしならではのコミュニティと、南国の美しい自然に触れる。 東京シェアハウスでは、これまで北海道から九州までのシェアハウスをご紹介してきました。そして、このたび、「沖縄」のシェ...
古き良き景観の中に新しい風を。 鶴見と聞くと湾岸沿いに発達した工業地帯のイメージが強いかと思います。夕暮れ時、海の向こうのコンビナート群が夕日に照らされた様子は哀愁を感じさせます...