緑溢れる屋上庭園から見渡す絶景

都心での生活。郊外での生活。どちらかを選ぶとしたら、きっと今は都心での生活を選ぶのだと思います。

でも、地方から出てきた私にとっては、郊外の落ち着いた暮らしもどこか捨てきれない思いがあるわけで、都内でも人混みの少ない、どこかほっと胸を撫で下ろせる安息の場が欲しいと常々思い続けているのです。

かと言って、利便性が高く、且つ、自然豊かで落ち着ける場所に住みたいと思っても、そう都合の良い居住地などなかなか見つからず、やはり夢や憧れのまま、その思いを胸の中にぐっと押し込めているのも事実なのであります。

そこで今回ご紹介するのは、都内に住みながら、郊外のようなゆったりとした時の流れの中で落ち着いた暮らしを実現できる女性専用シェアハウス「ヒルテラス」。最寄駅でもある「赤羽」駅は新宿、渋谷、池袋、上野、東京などのターミナル駅へも好アクセスであり、駅からハウスまでは徒歩6分という好立地に佇みながら、まるで高原の別荘のような庭と高い木に囲まれた見晴らしの良い高台に臨む邸宅とのことで、時折、庭に鳥やタヌキが訪れることもあるのだとか。

さらには、屋上に広がる庭園は、季節折々に姿を変え、赤羽の街を一望することもできるそうで、そこはまさに都会のオアシス。 

一体どんな邸宅なのか。早速、ハウスの中を見ていきましょう!

「ヒルテラス」物件詳細はこちら

   

モザイクタイルの外壁が映える

赤羽駅西口から大通りを歩き、少し急な階段を上ると、住宅街の角地に「ヒルテラス」はあります。一目見ただけで、豪邸だと判断できるスケールの大きさとモザイクタイルが貼られた外観が印象的。

こちらが正面玄関の様子。立派な門構えで、ハウスの周辺からはただならぬオーラが感じられます。

玄関のドアは二つありますが、手前がシェア住居用のドア。奥が一階に住むオーナーさん用のドアです。

玄関を上がり、広々とした幅の階段を上がり、2階へ上がります。

6人でシェアする、広々と開放的なラウンジ

ラウンジは入居者の方が落ち着いて過ごせるように、シンプルなデザイン・インテリアでまとめらています。6人でシェアするには、十分すぎる広さです。

ラウンジ中央にダイニングテーブルが配置され、その隣にはソファが置かれています。

また、シャワー、トイレ、浴室などの水回りが集中するスペースにもちょっとした休憩所が用意されています。

キッチンは、ラウンジと併設され、大きなシステムキッチンが導入されています。

IHクッキングヒーターは3口。同時進行で色々な料理を調理することが可能。

電子レンジ、炊飯器、トースターはそれぞれ2台ずつ用意されています。

hill_terrace_031

トイレとシャワーの様子。シャワーは脱衣所も完備されています。

また、シャワーだけではなく、浴槽付きの浴室もあります。

洗濯機はドラム型のものが2台設置されています。

屋上庭園から街を見渡す贅沢な時間

2階のラウンジから、さらに階段を上ると、緑溢れる屋上庭園が姿を現します。様々な種類の花が咲き誇り、ウッドデッキが敷かれた寛ぎの空間も用意され、都会の喧騒とはかけ離れたゆったりとした時間を過ごすことができそうです。

青い空、色鮮やかな花々を眺めながら過ごす昼下がり、まさに楽園。

屋上庭園の広さもなかなかのもの。

オーナーさんが花を植えたり、芝生を敷いたりと、こまめに手入れを行っているそうです。

そして、こちらのひょっこり突き出た建物には秘密があり、重厚な扉を開けると、、、

なんと屋上用のキッチンがあるのです。但し、ガス設備はなく、シンクとコンセントのみとなります。

屋上から下のお庭を見下ろすこともできます。

       

採光抜群の落ち着いた個室

各入居者がプライベートな時間を過ごす個室は、エアコン、カーテン、ベッド、デスク、チェア、ハンガーラックが用意されています。また、街を一望できる窓の着いたお部屋もあるので、是非内覧の際はその目で確かめてみてください。(202号室)

201号室の様子。

203号室の様子。

204号室の様子。

各個室が並ぶ廊下の様子。

205号室の様子。

206号室の様子。

 

こちらの「ヒルテラス」を運営されるのは有限会社ウェストヒルさん。オーナー夫婦で運営・管理を手掛けられるとのことで、入居者の方が楽しく、快適にシェアライフを送れるように、柔軟な対応、アットホームなコミュニティ作りに努めていきたいと思われているそうです。

屋上庭園の手入れなどもご自身で行い、春を迎えた今では、色とりどりの花々が咲き誇り、こういった面を見るだけでも、入居に関して安心感を抱くことができるのではないでしょうか。

また、もともとの建物の素晴らしさに加え、オーナーさんの努力やハウスに対する愛情などが相まって、この度、某携帯電話会社のCMのロケ地としても使用されることとなったそうです。近々、テレビCMで目にすることもあるのかもしれませんね。

さらには、地下のホームシアターが近々完成予定とのことで、開放日を設けて映画や卓球などが気軽に楽しめるようになるそうです。

都内で巡り合う自然は貴重であるとともに、妙に心が和んでしまう静の力を秘めているような気がしてならないのですが、そんな自然を存分に感じられる居住地はさらに貴重であり、不思議な魅力に包まれているような気になってしまうのは、私だけなのでしょうか。。 

/Author: カガワ

 ヒルテラス
物件詳細 ヒルテラス
エリア 北区赤羽西
賃料 \0 ~ \0
アクセス
JR埼京線 赤羽駅 徒歩6分
JR京浜東北線 赤羽駅 徒歩6分
入居者募集 女性, 30代まで
CONTACT

関連記事
シンプルな暮らしの中で、様々な「色」との共存。 虹の色は何色あるのか?恐らく、日本人の私たちなら口を揃えて「7色」と言うでしょう。しかし世界的に見ても虹を7色と認識するのは、そこま...
「沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす」  平家物語に代表される有名な冒頭の一文。誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?私は中学生のとき、国語の授業で暗唱させら...
ステンドグラスが彩る光 教会や洋館と言えば、ステンドグラスが付きもの。 はっきりと断言はできないのものの、窓の装飾にステンドグラスが用いられている教会や洋館は実に多く存在します...