title_sharedesign_A_12

  2つの空間の使い分け。

東京東部、住吉。昔ながらの商店街と自然豊かな緑が今も残るこの街は都内のほとんどの主要な駅に30分ほどでアクセスできる好立地。この土地に新しくオープンしたシェアハウスは居室フロアとリビングフロアが独立した稀に見るタイプの間取りをしていました。

建物1棟が全てシェアハウスで、1Fフロアがリビングやキッチンのあるパブリックスペース。2~5Fは全てお部屋で構成されている全17世帯が居住できるスペースを確保。 パッと見て玄関かなと思ったドアを開けると独立したLDKの共有スペースがあり、ドアからもう一度外に出て、脇にある階段を上った先のドアを開けると物件内部に内階段が現れるメゾレットタイプの物件でした。各フロアにはちゃんと水回りも設置されているのでわざわざ下に降りなければいけない心配もなさそう。

居室スペースとリビングスペースが分かれていることで落ち着きたい時は部屋に、人影が欲しい時はリビングに、のようなメリハリの効いた利用の仕方が想像できます。そんなシェアハウスの花となるリビングスペースの印象は”カフェバーみたいな空間”。事業者さんに聞くと、施工時に物件を見た人が「何のお店ができるの?」と飲食店ができると勘違いした質問をしてきたらしいです。カフェバーも開けるほどの設備や雰囲気を見ると「使ってみたい!」と思う方は少なからずいるでしょう。さて、内装が気になるところでハウスの全容を見ていきましょう。

「シェアレジデンス住吉」物件詳細はこちら     

   
sumiyosi_1

街と緑の揃った住宅街"住吉"の環境とは。

住吉駅は2路線、東京メトロ半蔵門線と都営新宿線が利用可能。大手町や神保町、永田町など都心に近く、渋谷、新宿などにも乗り換えなしで移動できる好アクセスな土地柄。

sumiyosi_8 

食品や生活用品は駅から物件までの道のりにある大型スーパーで調達。

sumiyosi_6 

駅の近くには緑豊かな猿江恩賜公園がります。撮影時は秋、イチョウ並木が綺麗です。

sumiyosi_77

何の変哲も無いアパートがシェアハウスへ生まれ変わると。

住吉駅から10分程度歩き、大通りから中道に1本入ったところに今回のシェアハウスがありました。特に目立ったような建物ではなく、ごく一般的な5階建てアパートのようですが。

sumiyosi_78

物件の表札にはメタリックでカッコイイ、シェアレジデンス住吉の表札が。

sumiyosi_80

17人分のポストがずらり。郵便物受け取りボックスは不在の時でも荷物を受け取れる優れもの。 

sumiyosi_48

渋い趣味が冴える男前空間。

シェアデザインさんといえば毎回ハウスごとに遊びの要素を効かせているユニークな物件が特徴ですが、今回はその中でも落ち着いたお洒落カッコイイ空間を演出。

sumiyosi_35

入り口は写真左側のドアから。

sumiyosi_101

ただ唯一1階フロアにあるお部屋がこちら。101号室はリビングの設備を独占状態ですね。

sumiyosi_43

山と海を組み合わせたインテリアコーディネートに着目。

壁から飛び出したディスプレイに山と海。相反するような組み合わせのインテリアを配置していますがそれらが自然に組み合わさって北欧風のロッジハウスのようになりました。

sumiyosi_44

コカコーラのオールドポスターにはサンタが写っています。植物と組み合わせクリスマスカラーに。

sumiyosi_49

味の出ているプレートはハワイナンバー。さりげなく南国色をアピール。

sumiyosi_45

 こちらもハワイアンファブリックのクッション

sumiyosi_12

電子ピアノの自動演奏をかけると上品な空間になることでしょう。

sumiyosi_10

深くもたれられるチェアが4つ。ふかふかで十分くつろげます。

sumiyosi_27

これが気になる!ストレスが溜まった時にどうぞ!

sumiyosi_11

英紙の記事とカタログが雰囲気によく似合います。

sumiyosi_32

お次はバーカウンターも併設されているキッチンを見ていきましょう。 

sumiyosi_16

コンパクトながらカフェが開けるほど充実したキッチン設備。

飲食の経験がある方や趣味が料理という人には本格的な調理が家庭でできるとなるとより一層心が高まるのではないでしょうか。そんな設備一つ一つを見ていきましょう。

sumiyosi_19

対面型のキッチンは壁側に流し台とコンロスペース。

sumiyosi_18

リビング側には調理台と一体化した冷蔵庫。バーカウンターにはそのままサーブできます。

sumiyosi_25

ガス式の4口コンロ火力は十分!プロ仕様の調理が可能です。

sumiyosi_26

調理の幅が広がるオーブンも完備。

sumiyosi_20

作業スペースは2人での使用がちょうど良いかと思います。

sumiyosi_23

作業台の下をオープン。一人一人割り振られたカゴに食材を冷蔵します。

sumiyosi_24

そのそばの製氷機を開けるとガラガラガラッと常に氷が供給されています。

sumiyosi_22

これを使えば缶とビン、市販のビールが生ビールへ生まれ変わります。

sumiyosi_21

エスプレッソマシーンは使い方が難しそうですが入居したのなら使いこなしたいですね。

sumiyosi_31

食器の格納スペースはカウンターのお隣。

sumiyosi_30

トースターの上部蓋を開ければ目玉焼きが作れます。

sumiyosi_70

 静かな空間を確保。複数住戸の各階は居住専門フロア。

シェアハウスはリビングと居室部が近い物件が多い為、リビングから近いお部屋では騒音が気になることもありますが居室部が独立しているこのタイプだとそんな心配もなさそうです。

sumiyosi_88

リビングと居室フロアは分かれています。ドアはダイアル式ロックが採用されています。

sumiyosi_74

2階から4階までは内階段を使用して移動。

sumiyosi_55

階段を上がるとこのような様子。

sumiyosi_57

3階にはミニキッチンも付いています。

sumiyosi_71

フロア関係無く全館Wi-Fi利用可能です。

sumiyosi_73

水回りは一つのお部屋にまとまっています。

sumiyosi_64-1

水回りはリフォーム済みで真新しくとても綺麗。

sumiyosi_69

洗濯機は無料!1階には乾燥機も設置されています。

sumiyosi_302

選べるお部屋、壁紙やフローリングはお好きなものを。

お部屋はもちろん間取りや窓の位置は異なりますが、フローリング、カーテンの色、壁紙までそれぞれ違うので自分の好みのお部屋を選ぶことができます。

sumiyosi_72

中にはバルコニー付きのお部屋もあります。専用の洗濯物干しエリアですね。

sumiyosi_403

また、ベッドカバーもそれぞれ違います。カバーだけでだいぶお部屋の印象が変わりますね。

 
 
いかがでしょうか?今回ご紹介したシェアレジデンス住吉。
リビングと居室部が分離していることによって住む人の暮らしの動線も変わりそうですね。
仕事から帰ったらまずはお部屋に戻って荷物を下ろす。下に降りる気力がなければミニキッチンでパパッと調理を済ませ、シャワーを浴びてそのまま寝ることができます。一方で時間と体力に余裕があるのであれば下に降りて、本格的な料理を楽しんだり、ゆったりと寛げるソファでエスプレッソを啜ってもいいですし、はたまた、ストレス解消の為にサンドバッグに相手になってもらうのも良いかもしれませんね。くれぐれも周りの方の妨げにならないように気を遣わなければなりませんが(笑)それでもあなたの気の向くままに、居室とリビングスペースをうまく利用してお気に入りのカフェにいるような感覚で生活してみてはいかがでしょうか。
 
 

/Author:イナミネ

シェアレジデンス住吉
物件詳細シェアレジデンス住吉
エリア 東京都江東区千田
賃料 \0 ~ \0
アクセス
半蔵門線 住吉駅 徒歩8分
都営新宿線 住吉駅 徒歩8分
入居者募集 男性, 女性
CONTACT

関連記事
面白いアイデアには、面白い人達が集って、面白い場所になるというお話。 「ゼロベースからクリエーターが自分の才能を自分の住まいで表現できるシェアハウスを始めたいんです」。そんなお...
 海をテーマにしたライフスタイルから得られるモノ。 都心から程よく離れた三浦半島。都内から京急線に乗車して車窓から眺める景色がだんだんと自然で溢れゆくのを感じます。品川から約1時間...
文化が続く街、国分寺にて始まる新しい欧風暮らし 時を遡ること1300年、奈良時代に時の聖武天皇が建立を命じたという国分寺。仏教寺院の中では当時最大規模を誇っていたほどに、この地は神聖...