banner_modelia_topB_jpn_1

計算し尽くされた居住空間

日本のことわざで「類は友を呼ぶ」と言いますが、いわゆる上流階級層の方々には、同じような職業や地位の方々が引き寄せられるように集まってるように思えます。そんな方は人との交流を重んじ、似たような人との時間を大切にすることでハイレベルな交流体験を得られる好循環にあるのではないでしょうか。「シェアハウスでの暮らし」と聞くと一般的に若い方向けなライフスタイルのイメージがありますが中には金銭的にも余裕がある方でもシェアハウスでの生活を選ぶというケースもあります。そんな方に選ばれるシェアハウスとは一体どのような物件なのでしょうか。

今回ご紹介するシェアハウス、Modelia Colors WAKAMATSUCHOは早稲田大学のキャンパスが立地する早稲田の閑静な住宅街のさらに奥まったところに静かに佇んでいました。早稲田は学生の街とはいい、静かで学生に向けた格安スーパーなどがあり、生活にはとても便利な土地柄です。最寄りの早稲田駅の東西線は乗り換えに便利な駅が多く通っており、乗り換えに便利な駅の飯田橋駅までは4分(有楽町線、南北線)大手町駅までは10分(丸の内線、千代田線、半蔵門線)のアクセスで都内各地への通勤に支障はきたさないかと。

物件は著名な建築家によって設計されたデザイナーハウス。計算し尽くされた居住空間が導線となり、似た価値観をを持つ人が集まるようにプライベートエリアは設計されかつ、パブリックスペースは照明の密度による明るさで5つのエリアを表現しています。一般的なシェアハウスとはどこか違いを感じるModelia Colors WAKAMATSUCHO。内装の一つ一つに意味合いや入居人同士でシナジーが生まれるよう工夫された内装デザインは一見の価値ありです。

さて、それでは早速中を見ていきましょう。 

「Modelia Colors WAKAMATSUCHO」物件詳細はこちら

   
modelia_91

2つの配色がそれぞれ違った交流を生み出す仕組みとなる。

東京メトロ東西線 早稲田駅から徒歩6分の住宅地に一際異彩な雰囲気を醸し出している建物が今回の物件です。湾曲した壁面が特徴的なこの建物は3階建てで1、2階フロアが居住スペース。玄関を入って地下に降りるとリビンスペースとキッチンスペースがありました。まずは居室フロアから見ていきましょう。

modelia_110

こちらは1階居室フロア。空間のテーマカラーは「グリーン」デザイナーハウスだけあってフロアを表すものとしてアイコンを使用。このフロアは「円」をモチーフとしています。

modelia_57

2階に上がると「ブルー」と「四角」をモチーフとしているフロアに。2階に青を採用しているのは空に近く、配色にスカイブルーをイメージしているからだそうです。

modelia_51

各フロアには水周りが付いています。よく見ると鏡がフロアモチーフの「円」になっています。

modelia_50

もちろんランドリールームも完備。

modelia_58

2階フロアには居室部につづく廊下に広くとられた広場がありました。フローリングはフロアコンセプトの四角模様。

modelia_3

5つのエリアに分かれる開放的なパブリックスペース。

この物件の最大の特徴は何と言っても広さ約78㎡のスペースを誇るパブリックスペースです。交流をするのはもちろん、読書やPC作業など自分の時間を過ごすにも快適なエリアが設けられています。

model_9

ソファスペースではソファに腰掛けながら読書をしている人の絵が目に浮かびます。

model_8

実はこの空間キッチンから離れるほど暗くなるようになっていました。キッチンの対極にはシアタースペースがあります。

modelia_2

大迫力の100inchの画面での映画鑑賞はセレブになったかの様な気分にさせてくれます。

modelia_111

天井吊り下げ式のプロジェクターと5.1chサラウンドスピーカーで大迫力の映像と音響をお楽しみください。

model_5

小上がりの畳スペースでは、大きさが半畳しかなく畳縁もない琉球畳を採用することにより圧迫感を抑えた和のスタイルが全体とうまく調和しています。

modelia_112

地下1階でありながら窓からは明るく日が差し込む様になっていました。

modelia_22

元々3mの高さがあった天井。そのままだと生活感がなくなってしまうところを鉄の格子を用いることで圧迫感を与えずに落ち着いたリビングスペースを演出。

modelia_10

天井からストレートに釣り下がる照明がなんともお洒落。人が集まりそうなところにはあえて照明の密度を多くし交流の場となる様に工夫しているそうです。

modelia_12

リビングスペースと直結のキッチンスペースはまたテイストの違った真っ白で清潔なイメージ。

modelia_14

対面式のアイランドキッチンで調理していると反対側で調理してる人の料理が気になりますね。IHプレートのそばには広い作業場があり料理がしやすそうです。

modelia_17

共有の冷蔵庫は2つ設置。お部屋に自分用の冷蔵庫があると便利かもしれません。

modelia_36

ホワイトカラーで統一された清潔感あふれる水周り。

22世帯にも対応する充実した水周り設備で快適に日常生活を過ごせそう。男女別れたスペースにそれぞれ壁一面に設置された大きな鏡を設置。

modelia_35

水周りが集約されたスペース。右は男性用。奥は女性用となっています。

modelia_113

シャワールームはもちろんバスルームも完備。

modelia_212_1

様々な顔をみせる表情豊かなプライベートルーム。

お部屋は2タイプあり、フロアのモチーフカラーを中心にがデザインされたお部屋とワンアクセントととして取り入れたマイルドなお部屋です。こちらのお部屋はカルフォニアチックなマリンテイストのお部屋ですね。あなたはどちらのお部屋を選びますか?

modelia_110

こちらは1階フロアのコンセプトルーム。アメリカンカジュアルな家具がカラフルなお部屋とよく合います。

modelia_106

もうひとタイプはシンプルなホワイトウッド調のフローリングで柔らかあ印象に。自分仕様のお部屋に模様替えしやすそうです。

modelia_75

さて、居住フロアから最上階へと続く階段を上ると、

modelia_70

そこは早稲田の街が見渡せ、空が広く感じる開放的な屋上でした。

modelia_74

よく晴れた日に屋上でランチをすると気持ちが良さそう。

modelia_88

鮮やかな料理がよく映える住空間。

物件撮影時は物件関係者への完成お披露目会が開かれており、参加者向けに華やかな料理がふるまわれていました。

modelia_89

おしゃれな料理がこの空間によく似合います。パーティー時は華やかに行うと雰囲気のあるゴージャスなものになること間違いなしですね。

modelia_87

やはり訪れた人を圧巻していいたのはリビングスペース。友人に自慢したくなる様な物件でした。

いかがでしょうか?今回ご紹介したシェアハウス、Modelia Colors WAKAMATSUCHO を運営・管理されるModeliaさんはもともと都心を中心に賃貸コンセプトマンションをプロデュースしてきましたが、今回初めてシェアハウス事業に進出。ハウスの仕様もデザイン性がありながらハイスペックな居住性を確保し、非日常とも言える新たなライフスタイルを提案してくれます。
 
様々な人が地下に設けらられたリビングスペースに降りてくることによってまた一味違ったシェア体験ができるかと。グルーピングされたリビングスペースで時には一人でPC作業や読書に集中したりするときはカウンタースペースやソファースペースに。はたまた、入居者同士の交流をするにはダイニングスペースやシアタースペースでの寛ぎの時間を同じくすれば自然と会話が生まれるのではないでしょうか?このシェハウスでは一つ一つのシチュエーションでの会話から仕事にも生かせるような有意義な情報を得られることが期待できるかもしれません。

/Author:イナミネ

Modelia Colors WAKAMATSUCHO
物件詳細Modelia Colors WAKAMATSUCHO
エリア 東京都新宿区若松町36番13号
賃料 \69,000 ~ \80,000
アクセス
東京メトロ東西線 早稲田駅
都営大江戸線 若松町河田駅
入居者募集 男性, 女性, 年齢制限あり
CONTACT

関連記事
新・鎌倉カルチャーの発信地 今や日本人にも外国人にも人気を誇り、年間2300万人が訪れる観光都市「鎌倉」。一時代を築き上げた歴史情緒溢れる街には、当時の名残を残す神社やお寺が数多く点...
縁側と中庭のある純日本家屋。 旅館の様なたたずまいと縁側付きの中庭が魅力的な「Come on UP 永福」。 15畳ほどあるカウンター付きキッチン+リビングに、緑あふれる縁側付きの中庭は、なん...
「遊ぶ」、「学ぶ」、「食べる」。日常生活が豊かになる3シーン 住まいに求めるもの。それは人それぞれ異なりますが、「安心」、「快適」、「休息」。この3つの要素は住まいを選ぶ際には、誰...